*

WORDPRESS

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

2016/05/01


wordpress-logo-stacked-rgb

<スポンサーリンク>

今回はWEBサイト構築のデファクトスタンダード「WordPress」をエックスサーバーにインストールする方法です!

レンタルサーバーを借りる際には、Xserverがおすすめです。特に思いがない人はエックスサーバーにしておけば間違いないです。多くのブログ運営者がこちらを使っています。月額1000円ほどで始められるX1プランで十分でしょう。この値段で大容量、大量アクセスでもサーバーが落ちることはありません。これから大量のアクセスを狙っていくならエックスサーバー一択です。

エックスサーバーへのWordPress導入方法は非常に簡単です。エックスサーバーには最初からインストールのリンクが容易されているので、サーバー管理パネルからクリックするだけでインストールできます。

さくっとインストールして、独自のWEBサイトを構築しましょう!

それではインストール方法です。

インストール方法

1.エックスサーバーのサーバー管理パネルにログインします。

innsuto-ru

 

2.管理画面の【ホームページ】タブにある【自動インストール】ボタンをクリックします

※設定対象ドメインが、インストール対象ドメインとなっていることを確認してください。

インストール2

3.設定しているドメインの一覧が表示されますので、今回インストールする対象のドメインの【選択する】リンクをクリックします。

4.【プログラムのインストール】タブを選択します。

5.最初の項目に【WordPress 日本語版】がありますので【インストール設定】ボタンをクリックします。

インストール3

6.以下のように入力して、【インストール(確認)】⇒【インストール】ボタンをクリックして完了です。

インストールURL:特にインストールしたい場所がないのであればデフォルト(そのまま)で問題ないです。
ブログ名:作成するブログのタイトルを入力してください(後からでも変更できます)
ユーザ名:管理画面にログインするユーザ名です。(好きなIDを入力してください)
パスワード:管理画面にログインするパスワードです。(好きなパスワードを入力してください)
メールアドレス:連絡用のメールアドレスを入力してください(迷惑メールは来ません、。WordPressのVer.UPやコメントが来たにメールが来るように設定できます)
データベース:通常であれば【自動でデータベースを作成する】にチェックが付いたままでOKです。

※完了画面のログインURLとデータベースのユーザID:パスワードは保存しておいてください。ログインURLはWordPressの管理画面にログインするときのアドレスとなります。作成したデータベースのユーザIDとパスワードは通常使用しませんが、なにか問題が発生した場合に使用することがあります。

インストール4

以上で、WordPressのインストールが完了です!

さっそく管理画面にログインして、色々とカスタマイズしてみてください。

 

スポンサーリンク


-WORDPRESS