管理人日記

【中国出張】持ち物チェックリスト~必要なものと必要なかったもの~

更新日:


DSC_0727

<スポンサーリンク>

中国出張(中国旅行)にて持っていってよかったもの、必要なかったものを解説します!

今回は3泊4日の中国出張に行ってきました。中国出張は2回目だったのですが、行くたびに色々な驚きがある国ですね。まずはそのスケールの大きさに驚きます。一度行くとイメージが変わると思いますよ。

さてそんな中国ですが毎回持っていくものに悩みます。「普通の海外旅行とどう違うの?」「水は安全なの?」などなどやはりまだまだ気になるところではあります。そのため、管理人が実際に行って感じたことをまとめてチェックリストにしてまとめてみました。これから中国に行こうとしている人は参考にしてください!

中国での出張体験記はこちら【中国出張】中国での生活と感じたことまとめ~食べ物・ホテル・生活~

 

中国ってどんなところ?

今回は上海に出張しました。上海に行くには飛行機で3時間ほどかかります。羽田空港⇒上海虹橋空港が一番近いルートですね。午前9時25分発(日本時間)の11:30分着(中国時間)のJAL便を使用しました。※日本と中国は時差が1時間あります。朝出てちょうどお昼に着くような感じですね。東京⇒福岡に行くのとほぼ変わらない時間で行けてかなり便利になりました。

中国はまだまだ発展目覚ましく、行ってみると本当に”勢い”を感じます。当然ですが今の日本にはない感覚です。いいか悪いかは別にして高層ビルの建つスピードも数も圧倒的です。前回行ったときはなかった高層ビルやマンションがボコボコ建っていました。

空港などでもほとんど英語や中国語は必要ありません。あまりしゃべる必要がなかったですね。ビジネスだからかもしれないですが、入国審査もほとんど素通りでした。なんか色々と聞かれるのかなと思っていただけに拍子抜けした記憶があります。

出張に行く前は、様々な報道もあり、不安がかなりありましたが特に問題なく生活できました。ただし食べ物や文化の違いもあり、日本のようにすぐになんでも揃う便利な環境ではないので、万全の準備をして出発しましょう。 今回は実際に私が持って行ったものをチェックリストにしました。あってよかったもの、持っていく必要のなかったものも併せて解説します。

 

持ち物チェックリスト

 リスト 必須・任意 コメント
 パスポート 必ず持って行きましょう。ないと出国できない・・・
 航空券(eチケットの控え等) 飛行機乗るならいるよね 。。eチケットの控えを持っていき、航空券を空港で発券しました。
 現金(円と元) 滞在日数によると思いますが、私は3泊4日で円:3万円ほど、元:2万円を空港で両替して持って行きました。元は現地での両替のほうがレートが良いことはわかっていましたが、言葉の問題や信頼性(詐欺とか)を考えるとめんどくさいので日本の空港で両替していきました。
 クレジットカード いまや海外に行くときの必需品ですね。ホテルのチェックイン時に必要だったり、万一の場合に備えて必ず持って行きましょう。(VISAブランドが無難です)
 着替え 日数によって持って行く量を考えましょう。
歯磨きセット ホテルに用意されていると思いますが、 中国の衛生事情は日本ほどよくないので、口に入れるものだし持って行きました。実際持って行ったものを使用しました。ホテルにあるものはある程度の高級ホテルならば衛生面もしっかりしているので、備え付けのものを使用しても問題ないと思います。
シャンプー・リンス ホテルに用意されていると思いますが、 こちらも日本の信頼できるものの方がいいと思います。トラベルセットを持って行きました。
電気シェーバー これもホテルにカミソリがある場合もありますが、ないこともありますので、持って行ったほうがいいです。
寝間着・パジャマ ホテルにガウンなどが用意されていると思いますが、足のあたりがふわふわして苦手なので、私は必ず持って行きます。(まあTシャツと短パンですが)
ウエットティッシュ なんだかんだで使います。何か汚れたものを拭く、食前の手を拭く、食事後の口を拭くetc※ちなみにちょっといいレストランに行くと必ずお手拭きが付いてきます。なんか匂い付きのものが多いです。
十徳ナイフ × なんとなく必要そうかと思い、持って行きましたが、結局一度も使用しませんでした。
変圧器 中国の電圧は220Vなので、日本の電化製品はそのまま使用できません。ただし携帯やカメラなどを充電するくらいであれば、アダプターがだいたい100V-220Vに対応しているものが多いので変圧器なしでも使用できます。現地で使用したい電化製品を考慮して決めましょう。
電源プラグ × コンセントの形は日本の2股コンセントがそのまま使用できるものが多いです。中国は成り立ちの事情からかいろいろな形状に対応したコンセント形状をしていることが多いです。(だいたい上が2股で下が3股のコンセントが多く、上のほうに差せます。)
常備薬 正露丸(お腹こわしやすい人)、目薬等。私はまだないですが、結構現地のものを食べてお腹こわしたって人をよく聞きます。実際に私の同僚もお腹を壊して重宝しました。お腹を壊しにくい人でも中国で薬は手に入らないと思ったほうがいいので持って行った方がいいです。

ミネラルウオーター × 【重要】中国は水道水は飲めません!!そのためミネラルウォーターを持って行きましたが、ホテルに毎日2本ずつ用意してあったので、持って行く必要はありませんでした。また現地にも約2元で売っています。現地で買ったミネラルウォーターでも問題なかったです。
マスク × 空気の問題がよく報道されているので持って行きましたが、現地でマスクしている人はほぼいないし、特に空気も違和感なかったので使用しませんでした。
wifiルーター 現地で使用できるwifiルーターを日本でレンタルして持って行きました。業務でどうしてもメールを見る必要があったので、重宝しました。4日間保険込で5000円くらい。スマホもこれでインターネットできますが、中国では通信規制があり、LINEやGoogleが使用できなかったりします。(LINEはAndroidだとなぜか使用できます)私が利用したのは↓

業界最安値をうたっていて、3日間3G大容量プランで5000円ほどでした。1日500MBまで使用でき、通信速度も使用可能エリアもまったく問題ありませんでした。ほかの会社だと時間制限やらなにやらわかりづらかったのですが、このWifiはモバイルルーターに使用データ量が表示され、わかりやすかったです。(実際500MBも使いませんでしたが)

おかし × 食べるものがなかったとき用に日本からお菓子を持って行きましたが、現地のスーパーとかで同じようなものが売っていたので必要ありませんでした。
カップラーメン これは私にとっては大変重宝しましたね。日清のノーマルカップヌードルを何個か持って行きました。中国の料理ばっかり食べてたので、ホテルで食べたこのカップヌードル異様においしかったです。中国の味付けはやっぱり日本とは全然違いますね。4日間いたのですが、2日目くらいで醤油味が恋しくなります(笑。

こうしてみるとあまり普通の海外旅行と変わらないですね。

要注意は水と食べ物くらいでしょうか。電源プラグも日本のものが使用できますし、電化製品で困ることはありませんでした。ただ絶対に持って行った方がいいのが正露丸ですね。中国でお腹を壊したら大変です。保険の意味でも持っていきましょう。こういうときに中国の薬はやっぱり信用できないのが日本人です。

あと食べ物は日本のものが恋しくなります。なにかみそ味か醤油味のものを持っていきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

私が実際に出張した際に持って行ったものをまとめてみました。まあ中国だからといってあまり通常の海外旅行と変わらない感じですね。ただし日本ほど衛生事情はよくないので、口に入れるものや肌に触れるものは気を付けたいところです。

ぜひ参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

2

<スポンサーリンク> Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ ...

-管理人日記
-

Copyright© IT虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.