IT機器情報

「iPhone6S」の新機能に迫る!搭載カメラは1200万画素に動画は4Kか!?

投稿日:


iphone6s

<スポンサーリンク>

米アップル社は9月9日に記者を招待したプレスイベントを開催すると発表しました。そこで次期iPhoneである「iPhone6S」の発表が予想されています!

この記者発表でiPhone6SとiPhone6Splusが発表される可能性が高いです。人気機種の発表だけに期待が集まっています。

中でもカメラが超絶進化するとか、軽くたたくのとしっかり押すのとを区別する感圧センサーが搭載されるとか色々なことが言われています。そこで今回はiPhone6Sの新機能の「うわさ」を紹介していきますよ。

 

カメラは1200万画素に

iPhoneのカメラは2011年秋に発売した「iPhone4S」以降800万画素でした。意外ですね。他社の発売するスマートフォンよりも移りが総合的に良いとされているiPhoneですが、それは画素数の多さではなかったのですね。カメラの改良は搭載するイメージセンサーの性能やレンズの明度の改良、さらにLEDフラッシュ機能の強化などによって行われてきました。

それが今回1200万画素にパワーアップするといわれています。画素数においてはようやく他社のフラグシップモデルに追いつくというわけです。800万画素で勝負して、他社より移りが良いとされてきただけに、1200万画素にパワーアップすることで一体どんな写真が撮れるのでしょうか?楽しみですね。

またフロントカメラにLEDのフラッシュが追加されるといううわさもありましたが、どうも今回は見送られ、その代わりにシャッターボタンをタップすることで画面を白くしてフラッシュのような効果をもたらす機能のようです。自撮りがブームになっていますからフロントカメラの性能向上はかなりポイントになると思われます。

また動画は4K撮影をサポートします。Androidのスマートフォンの最新機種には増えてきましたがiPhoneも追随するわけですね。

 

新色「ローズゴールド」!?

Apple Watchですでに発売されている「ローズゴールド」が新色としてiPhoneにも登場します。

iPhone6srosegold

いやーオシャレですよね!なかなかいい感じじゃないっすか。しかし当然Apple Watchのローズゴールドとは違い材質は18Kではなく、アルミニウムになるようです。(まあそりゃそうか)

 

モーション壁紙⇒動く壁紙!?

ロック時の壁紙としてApple Watchの「モーション」文字盤のような動く壁紙が選べるようになるとされています。

Apple Watchのモーションでは、羽ばたいている蝶や浮かんでくるクラゲ、開花する花びらが選べますが、iPhone6Sでは、錦鯉の優雅な泳ぎが題材になると噂されています。これは以下のような画像が出回ったためですが信憑性はまだわかっていません。

iphone6snishikigoi

こういうのって偽物だとしたらどっから出回るんですかねw。まあ動く壁紙はAndroidではかなり前からありましたので、どこで差別化してくれるのか楽しみです。

 

感圧タッチセンサー搭載!?

感圧タッチセンサーはApple WatchやMacbookですでに搭載されている「Force Touch」機能で、これがiPhone6Sにも搭載されるといわれています。しかし「Foce Touch」そのものではなくて、ショートカット機能が中心となるため「別物」になるとのうわさもあります。

 

まとめ

気になる次期iPhoneである「iPhone6S」の新機能のうわさについて紹介しました。9月9日の記者発表で明らかになるといわれているiPhone6S。楽しみです!


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

2

<スポンサーリンク> Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ ...

-IT機器情報

Copyright© IT虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.