IT機器情報

ついに「iPhone6S」「iPhone6S Plus」の全貌が明らかに!その変更点に迫る

投稿日:


iPhone6s2

<スポンサーリンク>

9月9日に米アップル社がついに「iPhone6s」「iPhone6s Plus」の発表を行いました!

ついに来ましたね、最新スマートフォンモデルであるiPhoneが!

日本では9月25日発売のようです。昨年のモデルであるiPhone6と何が変わったのかその全貌に迫りたいと思います。

以前書いた市場の予想記事はこちらです。「iPhone6S」の新機能に迫る!搭載カメラは1200万画素に動画は4Kか!?

発表された主な変更点は以下の3点です。

1.圧力感知センサーを搭載した「3D Touch」機能

2.新色である「ローズゴールド」色の登場

3.カメラの性能向上⇒1200万画素、動画は4K

気になるお値段はiPhone6sが8万6800円(税抜き)から、iPhone6s Plusが9万8800円(税抜き)からと意外とお値打ち価格でしたね。これはかなり売れるんではないでしょうか。

機能的には、事前の予想記事から特にサプライズはなかったんですが、逆に安定感のあるものが出たという印象です。まあスマートフォンのハイエンドモデルはすでに技術的には成熟しているので、あとは買い替えの需要をいかに取りこぼさずに狙っていけるかがポイントになってきます。その点iPhone6sはその期待に応えるだけのインパクトはあったのではないでしょうか。

 

1.圧力感知センサーを搭載した「3D Touch」機能

ディスプレイにApple Watchなどですでに採用されている感圧センサーが搭載されました。通常の軽いタッチと、深く(強く)押すような感じの操作が異なる機能を呼び出します。「概要」と「詳細」のように使い分けるようですね。いろいろな項目の概要を見るときは通常のタッチ、さらに詳細画面を呼び出すときにさらに強く押すようなイメージです。

これは画面の強度も高くなったんですかねー。

 

2.新色である「ローズゴールド」色の登場

新色「ローズゴールド」の登場も市場の予測通りでした。

これでカラーラインナップは4色になりましたね。ローズゴールドはオシャレですよね。

さらに本体のフレームの素材は「7000シリーズ」という強化されたアルミニウムが採用されるようです。これは航空宇宙産業で用いられるほど強い素材らしいです。スマートフォンは持ち歩くものですから、フレームが強化されるのはうれしいですね。

 

3.カメラの性能向上⇒1200万画素、動画は4K

こちらも噂通り、背面のメインカメラは800万画素から1200万画素になります。そし全面のカメラも120万画素から500万画素にグレードアップします。そのほかにもノイズを減らす機能や色彩を整える機能などソフトウエア面も強化され、きれいな画像が撮れることに定評のあるiPhoneがさらにきれいな画像を撮れるのではないか感じます。

 

まとめ

今回発表されたiPhone6sとiPhone6s plusの変更点を紹介しました。

市場の予想通りという感じでしたが、期待を裏切らないものが出てきたと思います。最近は再び売り上げが好調なアップル社ですが、まだまだ勢いは衰えそうにないですね。

皆さんはどう感じましたか?


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

2

<スポンサーリンク> Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ ...

-IT機器情報

Copyright© IT虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.