管理人日記

地元の道って何年経っても忘れないのはなぜだろう?自転車帰省にて思う

投稿日:


jimoto

<スポンサーリンク>

地元の道って何年経っても忘れないのはなぜだろう?自転車帰省にて思う

私は現在横浜市に住んでいるのですが、地元は同じ神奈川県の厚木市というところにあります。

同じ神奈川県内とあって近いのですが、近いとなかなか帰省しないんですよね・・・

いつでも帰れるからいいや、みたいな感じになってしまいます。

ただ昨日、このところ楽しみに見ていたTBSのドラマ「家族のカタチ」の最終回を見たのですが、やっぱりもっと実家に帰らないとなーと思い始めたわけです。

 

自転車で帰省することに

帰ると決めたのですが、なんか普通に電車で帰っても面白くない。この気持ちわかります?

そこでせっかくだし運動不足の解消も兼ねて、自転車で帰ることにしました。この自転車で帰省って、ある程度近い距離じゃなきゃできないですけど、かなりおすすめですよ。

 

さて出発は朝の9時。とりあえず大きな川沿いに走ります。川沿いはいいですよね、走ってて気持ちがいいし、道にも迷いません。

しかし最近はほんと便利になりました。スマホのGPSで道に迷わないんですから。自転車とスマホがあれば、どこまでもいける気がしますよ。

今回はわかりやすく川沿いを進みます。ある程度の目印地点をMAPアプリで調べておいて、そこまでは進むのみです。市街地だとMAPアプリを確認しながらになるので、どうしてもスピードが落ちますからね。

川沿いを進むこと約2時間、川の方向が地元への方向とずれるポイントまで来たので、ここからは道路を進みます。ここでも大通りを進んだほうがいいですね。迷わないですし。

途中、マックで休憩をはさみ、ついに地元の駅に到着です。

 

地元の道ってなんで忘れないんだろう?

地元の駅(本厚木駅)から実家までは自転車で30分ほどかかります(遠い笑)

いままでは大通りを進んで、道に迷わないようにしましたが、ここからは庭みたいなもんです。

なんどここまで自転車で通ったか・・・

もう地元を離れて7~8年経つのですが、道って覚えているもんですね。実家に帰る道のパターンは何種類かあるのですが、今回は最も思い入れのある道をたどってみることに。

思い入れって何かって?いや実際みなさんにもありますよね?学生時代の甘酸っぱい記憶とかね(笑。

しかし不思議と地元の道って忘れないですよね。なんか忘れる気がしませんよ。

さらに実家までの道を自転車で走っていると、思い出が溢れてきて泣きながら走ってましたw。

「ああ、ここでこんなことあったな」「ここよく通ったな」「あっあの建物なくなってる!」とか様々な感情が湧き上がってきます。

もう10年くらい通ってない道なんですが、鮮明に覚えていました。

 

途中、学生時代に5年くらいバイトしてたコンビニ(サンクス)が寄ってみました。もうこのコンビニは大学生活そのもの!?といってもいいくらい語りつくせない思い出があります。もう私が働いていた頃のスタッフは残ってないでしょうけど・・・

ここでアイスをひとつ買って、涙をこらえながら駐車場で食べました。あの頃のスタッフたちは何してるんだろうなー。

さてここまで来れば実家まではあと少しです。感傷に浸る・・・この言葉がぴったりななんでもない市街地を通って、実家に到着しました。

もう足が棒でしたが、不思議といやな感じはしません。

自転車で帰るっていいなと思いました。

自転車で帰れる距離の人はぜひやってみてください。絶対楽しいですから!

まあそこまでしなくても、実家に帰省した際は自転車で周辺を回ってみるといいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

2

<スポンサーリンク> Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ ...

-管理人日記

Copyright© IT虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.