*

管理人日記

引越し見積もりの闇!?安く引越すポイントは?


hikkoshi01

<スポンサーリンク>

引越し見積もりの闇!?安く引越すポイントは?

今度引越すことになったので、引越しの見積もりを依頼したんですよ。

いやーこの引越し業界というのはほんとに闇が深いですね・・・

適正料金って一体なんなんでしょうか?

値切ったもん勝ちみたいな文化は是正したほうがいいと思います。

 

見積もり料金の闇

今回引越すことになったので、訪問見積もりをしてもらうことになったんです。

3社依頼したんですけど、実際に来てもらったのは2社。

まず1社目のS社。

来たのは暑苦しいおっさん・・・

まあそれはいいとして、一通り見て回った後に提示された金額は「63,000円」!!

高い・・・高すぎる。

「ちょっと検討します」といったところ、当然のように値下げを提案してきます。

55,000円

うーん、ぽんと8,000円下がったなー(笑。そんなすぐ下げられるなら、最初から下げた金額出せよと思いつつ、他社にも見積もりを依頼していることを言ったところ、さらに検討するといいます。

今回、不動産業者を通して見積もりを依頼したんですが、「そこの担当者には、大変お世話になっておりまして、ごにょごにょ・・・」と言ってから、

「上司に確認なんですが、今決めてくれたら50,000円で頑張ります!」という。

うーん、この三文芝居やめてくれないかなと思いつつ、検討するんでいま決められませんといって帰ってもらいました。

相当しぶってましたけどね。

そして2社目のN社。

来たのはちょっと若めのさらっとした感じの人。やっぱり営業はこういうさらっとした人のほうが向いてるなー。

S社よりパパッと見て、言った金額が45,000円。

即決しました(笑。

多分粘ればもう少し安くなったかもしれませんが、こういうのってほんと気持ちが重要ですね。

ふっかけてこない精神が気に入りました。

そしてこの見積もり事件には、後日談がありまして、1社目のS社から夕方電話がかかってきたんです。他社に決めたことをいうと「では40,000円ならどうですか?」だと・・・なんすかそれ。さっきの上司に確認になるといって出した最終的な値引きは一体なんだったのか。

結局、見積もりを安くするためには複数社を競わせて、最後にもう出ないというところまで粘って決めるのがコツですね。よしあしは別として。

 

適正価格って?

引越し業界ももっと価格の適正化をすすめてほしいものですね。

いまって結局、適正価格がよくわからないから、見積もりも適当で最初はふっかけてくる。

まあものじゃなくサービスを売ってる業界だからある程度は仕方ないとは思うんですけどね。さらにいうとサービス内容は大体均一化してきていて、値段でしか差別化できないというのもあります。

ただ何も知らなくて、最初にふっかけた値段でOKだしたら、そのふざけた値段になるわけでしょ。これはひどい話ですよ。

うーん。難しい。

サービス内容も結局、引っ越し時にわかることですからね。事前によくわからんサービスを買うわけですから、値段勝負になってしまうのもいたしかたない気がします。

でもそれって業界も疲弊していくだけだと思うんですよ。

もっとわかりやすく、納得のいく料金体系にしてほしいものです。それが依頼者と業者双方にとって幸せだと思います。

荷物の量(トラック)と移動距離が基本になることは間違いないんですけど、その他のサービスがもっと最初から比較出来たらなー。そこから業務努力によってどこが安くなるのか選べたらいいんですけどね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。

 


-管理人日記