*

財テク・マネー

手数料や金利がお得な楽天銀行の口座開設方法を詳しく解説!





手数料や金利が優遇されていて、ネットで稼ぐことと非常に相性のいい楽天銀行。

銀行といえば大手の銀行しか知らない人は、ネットバンクという業態の勢いを感じてみてください。これからはネットバンクの時代が来ると感じています。

このページではそんなネットバンクの中でも、最も勢いのある楽天銀行の口座開設方法を詳しく解説してみたいと思います。楽天銀行はネットバンクだけにインターネット上で口座開設が完了するので非常に便利ですよ。

楽天銀行の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてください。手数料や預金金利で選ぶなら楽天銀行!ネットバンクの評判は?

 

<スポンサーリンク>

手数料や金利がお得な楽天銀行の口座開設方法を詳しく解説!

楽天銀行の口座開設方法は非常に簡単です。

通常の銀行の場合は、口座を解説するためにはリアルに存在する店舗に出向いて、色々な必要書類に記入する必要がありますが、ネットバンクはインターネット上だけで完結します。これがかなり利点となってますね。

口座開設に必要なものはメールアドレスと免許証などの本人確認書類のコピーだけです。当然無料で口座開設できて、様々なキャンペーンをやっているのでさっそく申し込んでみましょう。

 

楽天銀行の口座開設方法

まずは楽天銀行の口座開設ページに移動してください。

こちらのバナーをクリックすると楽天銀行の口座開設ページに遷移できます。


このバナーをクリックすると以下のようなページに遷移します。

rakuten-bank02

このページは期間によって色々なキャンペーンを行っています。

基本的には口座を開設するだけで利用できるお得なキャンペーンばかりなので、条件にあてはまる場合は積極的に利用しましょう。

次に口座開設のページで「口座開設のお申込み」をクリックしてください。ここから楽天会員の方と、楽天会員ではない方でクリックするボタンが変わってきます。すでに楽天会員の方は楽天IDを入力すると、必要な記入項目がかなり減るので便利です。

ここでは楽天会員ではない人向けに詳しく解説していきます。

「楽天会員ではない方 口座開設お申込み」のボタンをクリックすると、以下のような申し込みページに遷移します。

rakuten-bank01

このページで、名前や性別、生年月日、職業などを入力します。

さくっと入力してつぎに進みましょう。

若干迷うのが口座の利用目的でしょうか。基本的にはなにを選んでも問題ないのですが、無難に「貯蓄/資産運用」を選んでおけば間違いないでしょう。登録するメールアドレスもフリーメールのアドレスで問題ありません。

次に本人確認の方法ですが、楽天銀行のスマホアプリがあるので、そこからの画像アップロードが非常に便利です。それではない方法を選ぶと郵送などが発生してしまうので、タイムロスがありますが、画像アップロードならば簡単に、そしてスピーディに申し込みを完結することができます。

アップロードの方法は簡単で、楽天銀行アプリをインストールして、起動すると書類を送付する項目があるので、そこから画像をカメラで撮影してアップロードします。免許証などで問題ないです。

最後にキャッシュカードの種類を選択する必要がありますが、ご自身の生活スタイルに合わせて使用したいものを選択しましょう。クレジットカード付きのものもありますが、キャッシュカードだけの機能をもったシンプルなものもあります。ここは通常の銀行のキャッシュカードと同じですね。

以上の内容を記入してから、「次へ」ボタンをクリックすると、確認画面に遷移しますので、軽く確認してから申し込みを選択して、申し込み登録が完了です!簡単ですね。

 

申し込み完了後の流れ

申し込み完了後は、登録したメールアドレスに連絡が来ます。

楽天銀行側で申し込みの内容と本人確認書類の確認が完了して、問題なかった場合は口座開設に関する書類が自宅に郵送されてきます。この中にキャッシュカードも入っているので、その書類が届いたら口座開設完了です。

ここまでに1週間くらいです。ネットバンクだけに本当にスピーディに口座を開設できます。

口座開設したあとは、本当に多くのキャンペーンをやっているので、さっそく利用してみましょう。条件を満たすとキャンペーンポイントがもらえたり、現金キャッシュバックがあったりしてお得ですよ。

 

まとめ

楽天銀行の口座開設方法を詳しく解説しました。

楽天銀行は本当に便利でお得です。私も最近は第二のメインバンクとして主にネットでの副収入の管理に使用しています。手数料が優遇されていたり、楽天スーパーポイントが獲得できるので、お得ですよ。

ぜひまだ口座を持ってない人は使ってみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が気に入ったらぜひシェアしていただけるとうれしいです。


-財テク・マネー