IT虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の話や仮想通貨・ブログ運営・ネット全般の話題に切り込みます!

ブロックチェーン 仮想通貨

仮想通貨の始め方~取引所は?どの銘柄を買う?など低リスク投資で億り人になる方法を徹底的に解説!

更新日:


仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~

仮想通貨はいま最も夢のある稼ぎ方です。

仮想通貨の代名詞となっているビットコインは2017年の1年間でなんと20倍の価格にまで高騰しました。

100万円分ビットコインを買っていれば今頃2千万円になっている計算ですね・・・

そのため2017年は仮想通貨で”億”稼いだ人が「億り人」なんて呼ばれたりしました(笑)

 

さらに2017年はアルトコインの台頭も目立ちました。アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称ですが、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)が100倍近い価格に高騰するなんていうこともありました。

そしてまだ見ぬ草コイン(日本の取引所で買えない仮想通貨)が暴騰するという話もよく聞きます。

 

それだけいまの仮想通貨市場は盛り上がっています。

「これだけ暴騰したんだから、もう上がらないでしょう・・・」といって仮想通貨には手を出さない人も多いのですが、それはもったいないと思います。

昨今のこの市場の盛り上がりをバブルという人もいますが、仮想通貨界隈の人たちや仮想通過を取引している人はそうは思っていません。

実は仮想通貨はブロックチェーンという技術を利用しているのですが、このブロックチェーンはインターネットに匹敵する発明と言われていて、世界を変革させるだけのインパクトを持った技術なのです。

ブロックチェーン技術について知りたい方は以下の記事も合わせてどうぞ。

いまさら誰にも聞けない「ブロックチェーンとは何か?」の基本をシステムエンジニアが丁寧に説明するよ

いまさら誰にも聞けない「ブロックチェーンとは何か?」の基本をシステムエンジニアが丁寧に説明するよContent1 いまさら誰にも聞けない「ブロックチェーンとは何か?」の基本をシステムエンジニアが丁寧に ...

続きを見る

 

そのためこの技術を利用している仮想通貨はまだまだ発展途上で、今後どんどん実用化されていくことが盛んに謳われています。そうなったら、さらに資金は流入するでしょうし、価格はさらに上がると予想している人も多いのです。

「仮想通貨は通貨ではない!」とか

「仮想通貨のバブルは崩壊した!」みたいに

すべてわかったように解説する有識者ぶった人がよく現れますが、そういう人たちはみんなわかっていないか、勘違いしています。

「仮想通貨はまだ始まったばかり!」なんです。

出始めのパソコンに対して「使えない」といっていた人はいまどうなったでしょうか?

出始めのスマホに対して「使えない」といっていた人はいまどうなったでしょうか?

仮想通貨もこれから”アプリ”のような実用例がたくさんリリースされようとしています。そこからはじめて評価されるのですよ。

 

また少なからず現在の法定通貨から仮想通貨のようなデジタル通貨に移り変わっていくのは世の常です。いままでデジタル化されたけど使われなかったものがどれだけあるでしょうか。

そう考えると仮想通貨=危険と思っているほうが時代錯誤も甚だしいと私は考えているのです。

 

そこでこのページでは、実際に仮想通貨に投資して利益を出している管理人が、仮想通貨の基礎から取引の始め方までを詳しく解説したいと思います。

若手の虎
さっさと始めた人が億り人となる!?

 

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨はブロックチェーンという技術を応用した概念ですが、ブロックチェーンや仮想通貨の真髄を理解しようとすると、かなり骨が折れます。

このページでは仮想通貨取引を始めるにあたって最低限必要な知識のみを簡単に解説していきたいと思います。

 

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨は大きく「ビットコイン」とそれ以外の「アルトコイン」に分かれます。

現在でも世の中にはたくさんの仮想通貨が存在していますが、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれます。アルトコイン命名の由来は「Alternative coin」つまり代替のコインです。

ここからもビットコインが大きな存在であることが裏付けられますね。

 

なぜこうなっているかというと単純で、ビットコインが最初の仮想通貨で最大シェアを持っているからです。ビットコインはすでに仮想通貨市場の約半分のシェアとなっていて、つまりは仮想通貨市場の約半分はビットコインということになります。

 

仮想通貨市場は一日で数十パーセント変動するようなこともあり、超変動が激しいのですが、中でもビットコインはすでに定番となっているので、比較的低リスクの通貨となっています。

その反面、アルトコインはまだまだ市場が不安定であることもあり、1ヵ月後に何百倍の価格になることもあれば、無価値になることだってありえます。それだけまだ仮想通貨は未発展のものなのです。

 

そのため投資スタイルとして、すでに安定した上昇局面に入ったビットコインを購入するのか、まだ見ぬアルトコインに投資して一発逆転を狙うのか、それは個人の判断に任されています。

アルトコインの中にもすでに中堅となったイーサリアムやモナコイン、リップルなどに投資して、ビットコイン並みの価格上昇を狙うなんていうスタイルもあります。

私もビットコインを中心に、イーサリアムやNEMコインに投資して、コインを保有しています。

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場見通しなどをまとめて解説!

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場見通しなどをまとめて解説!Content1 仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場 ...

続きを見る

仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!

仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!Content1 仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!1.1 ...

続きを見る

 

そもそも仮想通貨ってなんなの?ビットコインとアルトコインの違いは?

仮想通貨は通貨なので、結局はお金であり、決済の手段です。

難しい話は省きますが、私たちが使っている日本円やアメリカドルは、その国の中央銀行が管理していますが、仮想通貨はブロックチェーンという技術を応用して、使っているみんながその価値を保証しています。

そのため特定の国の情勢に、その価値が左右されないという特徴があります。

国内情勢が不安定な国において特に仮想通貨が人気なのはこのためです。

 

そしてあくまで仮想通貨はインターネット上に存在しているデータなので、世界中のどこにいても仮想通貨決済が出来る場所であれば、そのお金が使えます。仮想通貨と聞いて最初に浮かぶメリットはこの世界中で使える通貨ということかもしれませんね。

仮想通貨にビットコインやイーサリアム、リップルなどの種類があるのは、それぞれに技術的な特徴があり、狙っているマーケットや利用ニーズも異なっているためです。

簡単な例を出すと、セブン&iが好きな人はnanacoを使うし、イオンが好きな人はwaonを使うといったイメージに近いですね。

仮想通貨投資は、その技術や狙っているマーケット・用途・経済圏の中身を見て、将来性のありそうなコインに投資するのが本来の姿ですが、仮想通貨を始めたばかりの人はこの程度の理解で十分だと思います。

 

日本の取引所ですべての仮想通貨が購入できるわけではない

よく初心者が勘違いしているのが、すべての仮想通貨が一つの取引所で購入できると思っていることです。

実はそんなことはありません。

 

日本の取引所として大手は、ビットフライヤーコインチェック、そしてZaifという取引所なので、仮想通貨取引を行う人はほぼ確実にこの3つの取引所に口座を作っているのですが、例えばビットフライヤーで取り扱っているコインは「ビットコイン」、「ビットコインキャッシュ」、「イーサリアム」、「イーサリアムクラシック」、「ライトコイン」、「モナコイン」のみです。

NEMコインがほしくてもビットフライヤーで購入することできず、コインチェックかZaifでしか購入できません。さらにリップルに至ってはコインチェックでしか購入できないんです。

そのため多くの仮想通貨を購入する人は、複数の取引所にそれぞれ口座を持っているのです。

管理人も、ビットフライヤーコインチェック、そしてZaifの口座を持っていて、この3つをメインで使っています。管理人は現在は主にビットコインはビットフライヤー、それ以外のアルトコインはコインチェックかZaifで購入するようにしています。

取引所ごとの詳しい説明はこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分ける具体的な方法

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分けるのがベスト!Content1 仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分けるのがベスト!2 仮 ...

続きを見る

複数の取引所で取り扱いがあるコインを、どの取引所で購入するかは手数料で選びましょう。基本的にはZaifの取引所で購入するのが一番手数料が安いですが、そこまで大きな差がないので好みの問題です。

 

仮想通貨を始めたばかりの人であれば基本的にこの3つの口座を作っておけば問題ないでしょう。(まだ見ぬ草コインを購入するためには海外の取引所に口座を作成する必要がありますが、それは少し慣れてからにしましょう・・・)

 

仮想通貨は相場変動が激しい

仮想通貨市場は、まだ市場が未成長なこともあり、相場変動がかなり激しいです。これは何度も言っている通りです。

仮想通貨(ビットコイン)暴落の原因は?大口投資家たちの暴落戦略

仮想通貨(ビットコイン)暴落の原因は?大口投資家たちの暴落戦略Content1 仮想通貨(ビットコイン)暴落の原因は?大口投資家たちの暴落戦略1.1 暴落の原因①ドイツ連邦銀行総裁の発言1.2 暴落の ...

続きを見る

他の金融商品と比較したら頭おかしいくらい変動率が高いです。

そのためはっきりって「ギャンブル」に近い側面を持っています。しかし2017年はどの仮想通過も暴騰するというご祝儀相場だったため、とりあえずなにを買っても儲かるという状況でした。

しかし2018年以降、市場がどうなるかはもちろん誰にもわかりません。まあ私はまだまだ仮想通貨市場は成長すると思っているので投資を続けますがね。

 

ただ相場変動が激しいので、例えば100万円くらいコインを購入していると、翌日にはマイナス10万円なんてことがざらに起こります。

逆もしかりで、翌日には150万円になっているなんていうことも当然あります。

つまり仮想通貨を購入する人は、「そういうもんだ」という覚悟を持っていないと、必ず後で後悔することになります。

後ほど投資戦略の項でも語ろうと思いますが、これだけ相場変動が急なので、基本的に”信用取引”は絶対にしない、そして”長期投資”するというのがおすすめです。

基本的な投資戦略に関してはこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨初心者の投資戦略は”ガチホ”だ!長期運用で利益を狙う

仮想通貨初心者の投資戦略は”ガチホ”だ!長期運用で利益を狙うContent1 仮想通貨初心者の投資戦略は”ガチホ”だ!長期運用で利益を狙う2 初心者が取るべき仮想通貨投資の基本戦略2.1 仮想通貨投資 ...

続きを見る

 

以上が仮想通貨取引の基礎知識です。それではこれから具体的に仮想通貨の始め方を解説していきます。

 

仮想通貨の始め方

仮想通貨の始め方は簡単です。以下の3ステップで購入までたどり着けます。

  1. 仮想通貨の取引所に口座を開設する
  2. 口座にお金を入金する
  3. 仮想通貨を購入する

基本的にはFXや株の取引と同じです。

取引を代行してくれる業者に口座を作成して、そこにお金(日本円)を移し、そのお金で仮想通貨を購入します。

 

1.仮想通貨の取引所に口座を開設する

まずは仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。

取引所の口座を開設するには以下の手順が必要になります。

  1. 取引所の申込ページで本人情報を入力する
  2. 本人確認書類をアップロードする
  3. 本人確認ハガキを受領する

まずは取引所の申込ページで本人情報を入力して、申込を行ってください。

おすすめの取引所は、ビットフライヤーコインチェックZaifの3つです。

というよりも、現在日本で仮想通貨取引を行っている人はほぼ9割9分この3つの口座を持っていると思います。数は正義なので、「どこの取引所にしようか?」と迷うくらいならさっさと口座を開設しましょう。

みんなが使っているのが初心者におすすめなのです。そしてこの3つを併用することでいまのところ出来ないことはほぼありません。

家電ならSONYやPanasonicを選んでおけば間違いないのと同じです、家電初心者は間違ってもマイナーなメーカーは選択しません。

ビットフライヤーの登録はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェックの登録はこちらから↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaifの登録はこちらから↓

仮想通貨を購入しようかどうか迷っている人もとりあえず口座だけはさっさと作っておくことをおすすめします。

なぜかというと、口座開設には早くても2~3営業日かかるので、買いたいと思っても口座がなくて買えないという声をよく聞くからです。

よく「もっと勉強してから始めよう!」という人がいますが、それではこのスピード感のある市場についていけないでしょう。1000円でも仮想通過を購入するのが一番の経験になります。

またとりあえず口座を申し込んでおいて、口座開設期間中に仮想通貨に関する知識をもっと得るのがお得です。

なぜならば仮想通貨は学べば学ぶほど「投資してみたい!」という意欲が湧き上がってきます(笑⇒管理人経験済み)。その投資意欲が湧き上がったときにすぐに取引を始められるように、口座の申込だけは先にやっておくべきなのです。

投資したい意欲がMAXのときに、口座がなくて購入できなかったら、結構うずうずしますよ・・・(これも管理人経験済み)

 

さて取引所の口座開設申込が完了したら、次は本人確認書類をアップロードする必要があります。ビットフライヤーもコインチェックもサイトから免許証などの写真をアップロードするだけなのですぐにできると思います。

このアップロードした本人確認書類が承認されるまでに2~3営業日かかります。これが承認された時点で入金と購入が開始できます。

ただしその後の本人確認ハガキの受領が済むまでは、コインの購入や売却は出来ますが、資金の引き出しはできないので注意です。

 

2.口座にお金を入金する

口座の開設申込が終わって、本人確認書類が承認されたら、口座にお金を入金しましょう。

現状は少し入金手数料が掛かってしまいます(一回300円程度)。ただこの程度はコインの相場変動から比べれば微々たるものなのであまり気にする必要はないと思います。

ただしちょこまかお金を入れているとその回数分だけ手数料を取られますので、腰をすえて仮想通貨投資をしようと思っている人はある程度まとまった額を入れるのがいいと思います。

手数料取られるのがちょっと癪ですが、まあこのくらいの手数料を気にするくらいなら仮想通貨には手を出さないほうがいいです。

 

3.仮想通貨を購入する(販売所と取引所の違いとは?)

ここまで来れば、あとは仮想通貨コインを購入するだけです。

ここでわかりづらいのが「取引所」と「販売所」の違いです。

現状、ビットフライヤーやコインチェックにはビットコインの「取引所」があります。その他のアルトコインは「販売所」で購入する必要があります。逆にZaifはすべての銘柄が「取引所」形式で購入することができます。

この2つの違いは端的にいうと手数料(スプレッド)の差です。「取引所」で購入するほうが手数料が低いです。

「取引所」は購入者と売却者間で直接売買するような形式が取られているため、手数料が低いのに対し、「販売所」は一度口座の会社が購入したコインを、購入希望者に販売するという形をとっているため手数料(スプレッド)が高いのです。(購入時の値段が高くなっている)

よく販売手数料無料と謳っている販売所がありますが、その場合スプレッド(買いと売りの価格差)をよく見てください。そのスプレッドが結局は手数料となっているのです。

「だったら取引所があるところは、取引所で買った方がいいのになんで販売所があるの?」と思うかもしれませんが、販売所は一応メリットがあって、購入方法が提示されている価格で買うだけなのでわかりやすいのです。

また暴落時でも約定しやすいともいわれています。(取引所だと、暴落時などの商いがちょっとおかしいときは約定しにくいです・・・)

 

そして「販売所」の手数料は基本的にビットフライヤーとコインチェックは同じくらいなのでどちらで購入しようがあまり変わりません。

しかしZaifは基本的に取り扱っている銘柄すべてに「取引所」が存在しているので、NEMなどのアルトコインを購入する場合は、Zaifで購入したほうがいいです。(Zaifはサイトのユーザビリティが悪いのが玉にきず・・・)

私はビットコインを買うならビットフライヤーのビットコイン取引所、そしてアルトコインを購入するならより手数料が低いZaifというような買い方をしています。別にビットコインもZaifで買ってもいいんですが、リスク分散の意味も込めてそのようにしています。

 

最後に仮想通貨を購入したら保管場所を検討する必要があります。何も考えずに取引所に置いておくのか、よりセキュリティの高いハードウェアウォレットに保管するのかといった具合です。

どこに保管するかは、どのリスクを許容するかということになるので、きちんと考えてから決めましょう。

仮想通貨の保管場所についてはこちらにまとめています。

仮想通貨ウォレットとは何か?種類は?仮想通貨を安全に保管するのにおすすめな方法を丁寧に解説!

仮想通貨ウォレットとは何か?種類は?仮想通貨を安全に保管するのにおすすめな方法を丁寧に解説!Content1 仮想通貨ウォレットとは何か?種類は?仮想通貨を安全に保管するのにおすすめな方法を丁寧に解説 ...

続きを見る

 

どのコインを購入したらいいの?

ここからは誰も答えを持っていません。

すでに仮想通貨の中心となって比較的安定しているビットコインを購入するのか、はたまたアルトコインの未来に投資して相場の上昇を狙うのかは本人次第です。

これは仮想通貨を勉強すれば、どの仮想通貨が将来性があって・・・というような買い方ができるのですが、仮想通貨を勉強したくない!という人はとりあえずビットコイン、イーサリアム、ネムあたりを買っておけばいいと思います。

これらはまだまだ上昇していく見込みがあると私は思っています。

 

仮想通貨の虎が選ぶおすすめ銘柄はこちらです。

【2018年版】「仮想通貨の虎」が選ぶ仮想通貨銘柄おすすめランキングトップ6を発表するよ!

【2018年版】仮想通貨銘柄おすすめランキングトップ6を発表するよContent1 【2018年版】仮想通貨銘柄おすすめランキングトップ6を発表するよ1.1 第1位 NEM(XEM)1.2 第2位 イ ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

仮想通貨の始め方を詳しく解説しました。

仮想通貨はまだまだ市場の成長が見込めるし、投資する価値があるものだと思っています。

少なくとも仮想通貨が利用しているブロックチェーンという技術はこれから世界を席巻していくことは間違いないでしょう。

今後の仮想通貨市場から目が離せませんね。

このお祭り騒ぎにいつ参加するの?

答えはいまですね(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのシェアが記事を書く原動力です!


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~Content1 仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~2 仮想通貨の基礎知識2.1 ビットコインとアルトコイン2 ...

2

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

3

ふるさと納税するなら楽天が一番お得!ポイント貰えすぎてビビッた!Content1 ふるさと納税するなら楽天が一番お得!ポイント貰えすぎてビビッた!1.1 楽天でふるさと納税?2 楽天市場でふるさと納税 ...

4

Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ・購入方法2.1 Am ...

-ブロックチェーン, 仮想通貨
-

Copyright© IT虎の穴 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.