IT虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の話や仮想通貨・ブログ運営・ネット全般の話題に切り込みます!

仮想通貨

【2018年版】「仮想通貨の虎」が選ぶ仮想通貨銘柄おすすめランキングトップ6を発表するよ!

更新日:


【2018年版】仮想通貨銘柄おすすめランキングトップ6を発表するよ

若手の虎
みなさん、仮想通貨に投資してますか?

 

数々の暴落を経験しつつ、いままでなんとか乗り越えてきた管理人です・・・

さて仮想通貨投資をしているとよく聞かれるのが「おすすめの銘柄・コインってなに?」という質問です。

まあもちろん彼らが期待しているのは、これから価格が上がりそうな仮想通貨は何?という答えだと思うのですが、そんなのわかったら苦労はしません(笑)

ただ現状、きちんと銘柄・コインの技術的特長や、応用のロードマップ等を見ていると、やはりというか当然未来のありそうな仮想通貨が上がっています。2018年初は国際的な規制の動きやコインチェックのハッキング事件などファンダメンタルな要素を利用した大口の仕手による売り仕掛けで暴落しましたが、逆にいまは適正価格よりも大分低いと見ています。

それはつまり購入のチャンスということです。

そこで今回は実際に仮想通貨に投資もしていて、システムエンジニアの仕事で少しブロックチェーンを扱っている管理人がおすすめの銘柄・コインを紹介します!

ここで紹介している仮想通貨には管理人も実際に投資してますよ。

若手の虎
管理人の個人的主観なので投資は自己責任だぞ

 

第1位 NEM(XEM)

  • 通貨単位: XEM
  • 発行上限:8,999,999,999XEM
  • アルゴリズム:Ploof-of-Importance(PoI)
  • 時価総額:825億ドル(2018年1月10日時点)
  • 時価総額順位:3位(2018年1月10日時点)

やっぱり最初はこれをあげたい。

ビットコインの次に管理人が実際に購入したコインなのでちょっと思い入れがあります。もちろん思い入れだけじゃなくて、NEMの未来に投資したんですけどね。

NEMは「NEW ECONOMY MOVEMENT」の略で、「新しい経済圏を作る」ということを目標としたプロジェクト総称です。なんか聞いただけでワクワクしますよね。NEMコミュニティなんかに参加しているとその辺の未来の話が聞こえてきて楽しいですよ。

NEMはブロックチェーン技術を様々な用途に活用しようとするプロジェクトとなっていて、その経済圏で用いられる決済・機軸通貨としてのXEMはさらなる飛躍が期待されます。知っている人は多いと思いますが、ブロックチェーンはインターネットに匹敵する発明と称されていて、これからの世界を席巻していく技術ですよね。

 

よくNEMとXEMを混同している人がいますが、NEMはあくまでプロジェクトの総称かつコインの名称で、単位がXEMという扱いになります。

 

そしてNEMはイーサリアムと同じように、「アプリケーションプラットフォーム」という側面を持っています。

つまりAndroidスマホやiPhoneのようにアプリケーションを入れられる基盤のようなものです。

現状はまだまだアプリにあたるものがほとんど存在していませんが、これからどんどんアプリが開発、そして実用化されてくるとかなり実益が出てくるでしょう。

 

そういった意味で今後の発展性がかなり期待できる銘柄なのです!

かつてスマートフォンが登場した頃は、まだまだガラケーが全盛で、誰もスマホが流行るなんて思っていませんでした。しかしいまではスマホは欠かせない存在になっていますよね。

それと同様にNEMやイーサリアムもわれわれの生活に欠かせない存在になれば価格はさらに高騰すると思われます。

 

NEMの競合といえばよくイーサリアムがあげられますが、イーサリアムや他の仮想通貨より優れている点は以下です。

・処理速度(トランザクション)が早い

・PoIアルゴリズムを使用しているので電力規制のリスクが少ない

・日本市場で広がりを見せていて信者wがたくさんいる

・現状、市場規模が少ない(⇒これから拡大の余地が相当ある)

といったところです。現状PoWを利用しているビットコインなどは「電力の無駄遣いだ!」なるご批判を受けることも多いですが、NEMはその心配はありません。

 

さらにNEMは「カタパルト」という大型機能改善アップデートを予定しています。これが形になれば確実に価格は上がると思います。

NEMの上昇要因を一応あげておきます。

  • カタパルトという大型機能改善が予定されている
  • 市場規模がまだまだ小さいのでさらなる資金流入が期待できる(いまは全然過小評価だと思ってます)
  • Binanceに未上場(上場したらかなり売れるはず・・・)

 

余談ですが・・・NEMは日本人にかなり人気があります。

コミュニティに所属している人もたくさんいたり、渋谷にNEMで支払いが出来る「NEM bar」というバーがあったりします。これからさらに色々と盛り上がっていくことが確実なのです。

 

さらにNEMはもっているだけで増えていくハーベストという仕組みがあります。これは保有するインセンティブにもなりますね。

仮想通貨NEM(XEM)でハーベスト(収穫)する方法~勝手にNEMが増えていく!?

仮想通貨NEM(XEM)でハーベスト(収穫)する方法~勝手にNEMが増えていく!?Content1 仮想通貨NEM(XEM)でハーベスト(収穫)する方法~勝手にNEMが増えていく!?1.1 NEM(X ...

続きを見る

NEMに関するさらに詳しい説明はこちらの記事からどうぞ

仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!

仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!Content1 仮想通貨NEM(XEM)とは何か?価格動向・運営・将来性など気になることをまとめて解説!1.1 ...

続きを見る

2018年はNEMが来ると想定しています!

NEMはコインチェックZaifにて購入できますよ。ただ手数料で考えるとZaif一択です。

 

ちなみに最近(2018/1/26)、コインチェックにてNEMの巨額盗難事件が発生しましたが、この事件によって逆にNEMの技術的な安定性が証明される結果になりました。

NEMが盗難された原因はあくまで取引所(保管所)としてのコインチェックの管理の甘さが原因で、NEM自体にセキュリティの懸念がないことがわかっています。

やはりこれからくるのはNEMだと思いますね。

参考記事

coincheck(コインチェック)史上最大のNEMハッキング盗難事件経緯まとめ~発生から補償まで~

coincheck(コインチェック)史上最大のNEMハッキング盗難事件経緯まとめ~発生から補償まで~Content1 coincheck(コインチェック)史上最大のNEMハッキング盗難事件経緯まとめ~ ...

続きを見る

 

 

第2位 イーサリアム(ETH)

イーサリアムはかなりの数の仮想通貨ブロガーや仮想通貨界隈の人たちが「来る!」と予想してますね。2017年をビットコイン元年とするなら、2018年はイーサリアム元年と称する人も多いです。

私もそう思います。

 

まずロゴがかっこいい(笑)

というのは冗談っぽく聞こえますが、結構重要なんですよ。

仮想通貨初心者は意外と見た目(デザイン)から入る人が多いので、買われやすいコインなのです。

 

もちろんイーサリアムは仮想通貨としてもかなり優れています。

イーサリアムもNEMと同じ「アプリケーションプラットフォーム」の側面を持っています。そういった意味で今後の拡大性があるのですよ。

これからどんどんと「アプリ(dApps)」が追加されていくことが予想されています。もちろん追加されるアプリ次第ですが、スマホの発展具合を見れば、長期スパンで価格が上昇していくことは容易に予想することができます。

さらにイーサリアムは「スマートコントラクト」という機能を搭載していて、ブロックチェーン上に送金情報以外にも様々な条件を記載することができます。これは例えば「AさんがBさんに1BTCを送金すれば、BさんはAさんに0.1ETH送金する」といった条件を記載することができて、この条件を”契約書”、スマートコントラクトと呼んでいます。

これを利用すれば様々なサービスに応用することができるといわれています。その中心となるのがイーサリアム決済というわけです。

 

またイーサリアムはすでにビットコインの次の時価総額を持つ安定感を兼ね備えているので、ビットコインの次に来るのはイーサリアムと予想している人が多いのが特徴ですね。

あえてNEMとの違いを簡単に言うなれば、イーサリアムが技能派の専門的なプロジェクトであるのに対して、NEMは一般向けのプロジェクトと言えそうです。

 

若手の虎
2018年はイーサリアム元年か!?
イーサリアムはビットフライヤーコインチェックZaifでの購入がおすすめです。

 

第3位 リップル(XRP)

第3位は当然リップルでしょう!!

 

リップルはNEMの兄弟分のような存在です。プロジェクト趣旨は全然違うんですけどね(笑)

NEMとリップルは同じような価格帯で推移することが多く、抜きつ抜かれつで仲良くやってきた存在です。

なぜかリップルも日本人に人気があります。

https://twitter.com/BK_Black_white/status/940893061562826752

ただそんなリップルですが、他の仮想通貨プロジェクトは一線を画す存在意義があります。

それは「国際送金の変革」です。

 

リップルは、この仮想通貨と聞いてなんとなく誰もが最初に浮かびそうなメリットをただひたすらに目指したプロジェクトなのです。

現状でもすでに国際送金のスピードは約4秒と、他の仮想通貨と比べて群を抜いたスピードです。ビットコインなどはブロックチェーン活用して、資金の帳簿を付けている(計算している)ため送金にはまだまだ時間がかかりますが、リップルはものすごい高速なのです。

すでに既存の国際送金会社が採用を始めるなど実用化の動きも目立っています。現状最も実需がある仮想通貨はリップルといえるかもしれません。

もしかしたら数年後には銀行間の送金なんてアホになるくらいリップルによる国際送金が当たり前になるかもしれません。

 

「国際送金の変革」という社会的意義が明確かつ、長所の一本突破で世界を狙うリップルは2018年も一押しの仮想通貨となっています。

 

リップルはコインチェックにて購入できますよ。

 

第4位 ビットコイン(BTC)

もはや語るまでもないですね。

すべての仮想通貨の生みの親「ビットコイン」です。

 

2017年は名実ともにビットコインの年になりました。

そのためすでに仮想通貨の機軸通貨としての意味合いが強くなってきましたね。

つまりビットコインの価格が全アルトコインの値段に影響するということです。

ビットコインの有用性に関してはもうあまり言うことはないです。

 

若手の虎
じゃあビットコイン買っとけばよくない・・・

という話になりますが、その通りです(笑)

現状、大きな上がり下がりはビットコイン次第です。

 

つまり「仮想通貨に投資する」=「仮想通貨市場の拡大」を見越しているんだと思いますが、それならば変な銘柄を買うよりもビットコインを買っておけばまずは問題ないということになります。

実際、私も初心者はまずビットコインを買っておけばいいと思います。なんだかんだ今年も値段が上がっていくと思いますしね。

ビットコインを購入した後、自分の好きなアルトコイン銘柄を探して購入したらいいでしょう。

 

ビットコインに関するさらに詳しい説明はこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場見通しなどをまとめて解説!

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場見通しなどをまとめて解説!Content1 仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何か?いまさら聞けない使い方やメリット・相場 ...

続きを見る

 

ビットコインはビットフライヤーコインチェックZaifでの購入がおすすめです。

 

第5位 ZAIFトークン(ZAIF)

第5位は「ZAIFトークン」です!

こちらは仮想通貨なの?という声もあると思いますが、トークンは仮想通貨の一種と考えています。

トークンって何?という人もいると思いますが、基本的には株と同じだと考えてもらっていいと思います。ZAIFトークンは、仮想通貨取引所として有名な「Zaif」を運営しているテックビューロ社が発行している仮想通貨(トークン)に位置づけられます。

テックビューロ社の株式は上場していないため、一般には購入することはできませんが、株式の代替と考えられるZAIFトークンは「Zaif」で購入可能なのです!

 

仮想通貨、そしてブロックチェーンに関して調べていると、日本におけるキープレイヤーとして必ずテックビューロの存在があげられます。それだけ日本国内においてブロックチェーン技術を活用したサービス(mijinやCOMSA)分野においては一歩先を進んでいる企業です。

ブロックチェーン技術は今後、インターネットと同様に世界を変革していくサービスであることは間違いありませんが、その分野でリードしているテックビューロに投資するということはブロックチェーンの未来に投資していることに繋がると私は考えています。

ZAIFトークン、そしてテックビューロ社に関してはこちらの記事に詳しく書いています。

それでも私がテックビューロに投資する理由~ブロックチェーンに投資するならZAIFトークンを買う!

それでも私がテックビューロに投資する理由~ブロックチェーンに投資するならZAIFトークンを買う!Content1 それでも私がテックビューロに投資する理由~ブロックチェーンに投資するならZAIFトーク ...

続きを見る

 

ZAIFトークンはZaifにて購入できますよ。

 

第6位 バイナンスコイン(BNB)

仮想通貨銘柄おすすめ最後の第6位はバイナンスコインです。

これもいわゆるトークンにあたる存在なので、バイナンスの株式という意味合いのほうが強いかもしれません。

 

現在世界の仮想通貨取引所といえば誰もが口を揃えて「Binance(バイナンス)」というでしょう。

仮想通貨市場が拡大する=仮想通貨取引所が儲かるということですから、仮想通貨市場が拡大していく限り、バイナンスコインの価格も上昇していくと思われます。

これだけ仮想通貨が盛り上がっているので、取引所として世界一ということは相当儲かっているということです。

そういった意味でコインの特性というよりも、バイナンス社の未来に投資するといった感じです。あまりこういう銘柄に投資するのは好きではないんですが、儲かるというランキングでは外せないでしょう。

 

バイナンスコインはBinance(バイナンス)にて購入できます。

まとめ

管理人がおすすめする仮想通貨銘柄のランキングトップ5を発表しました。

まだまだ注目の銘柄はありますが、情報が多すぎるとさらに仮想通貨初心者は迷うと思うので、厳選した5銘柄です。

  1. NEM
  2. イーサリアム
  3. リップル
  4. ビットコイン
  5. ZAIFトークン
  6. バイナンスコイン

2018年に仮想通貨を購入するとしたらこの6銘柄がいいと思いますよ。

ぜひ参考にしてみてください!

 

仮想通貨の始め方はこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨の始め方~取引所は?どの銘柄を買う?など低リスク投資で億り人になる方法を徹底的に解説!

仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~Content1 仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~2 仮想通貨の基礎知識2.1 ビットコインとアルトコイン2 ...

続きを見る

取引所で迷ったらこちら

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分ける具体的な方法

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分けるのがベスト!Content1 仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?コイン・銘柄や投資手法で使い分けるのがベスト!2 仮 ...

続きを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのシェアが記事を書く原動力です!

 


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~Content1 仮想通貨の始め方~低リスク投資で億り人になる方法の解説ページ~2 仮想通貨の基礎知識2.1 ビットコインとアルトコイン2 ...

2

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

3

ふるさと納税するなら楽天が一番お得!ポイント貰えすぎてビビッた!Content1 ふるさと納税するなら楽天が一番お得!ポイント貰えすぎてビビッた!1.1 楽天でふるさと納税?2 楽天市場でふるさと納税 ...

4

Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ・購入方法2.1 Am ...

-仮想通貨
-

Copyright© IT虎の穴 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.