転職コラム

就職活動「虎の巻」~大手企業の複数内定を得た管理人が語る就活の極意・コツとは?

投稿日:


就職活動「虎の巻」~大手企業の複数内定を得た管理人が語る就活の極意・コツとは?

若手の虎
就活とは企業との対話である。

新卒採用や転職活動に限らず、就職活動というのは人生の一大イベントです。

人にとってどの企業で働くのか?ということは、ただ単に生活の糧である給料を得るということ以上に大きな意味を持ちます。それだけに就職活動には”あせり”、”不安”、”緊張”といった負の感情が常についてまわるものです。

そのため世の中には就職活動関連のコンテンツ(本やセミナーなど)が溢れかえっていますよね。よく聞くのが「就職活動は自己分析が重要!」という謳い文句でしょうか?

しかし新卒の就活時代に大手商社、一流メーカー、大手IT企業など複数の内定を得た管理人からすると、「自己分析」なんてやってる人はただの”落ちるべく人”としか思えません。自己分析なんてやってるようではだめなのです。

今回は大手企業の内定を複数獲得した管理人が就職活動の極意について語ります。

 

自己分析は意味がない!

就職活動でまずすることと言えばなんでしょうか?

大抵の学生や転職活動者はこの質問に対してこう答えます。

「自己分析ですか?」

それほどまでに就活と言えば自己分析という風潮があります。何を隠そう学生の頃、就職活動を開始した私もそう思ってました。そしてご他聞に漏れず自己分析というものに手を出す人がほとんどです。

それにしても自己分析とはなんなのでしょうか?

自己分析とは、「自分を探る」作業のことです。就活の際の自己分析とは、「どんなシゴトがしたいか」「どんなシゴトが自分に向いているか」「どんな会社に行きたいか」を認識・理解することといえます。簡単にいうならば、大学を受験する時に、「自分は何に興味があるのかな?」「大学生活で何をやろうかな?」「どこの大学だったら入学できるかな?」とあれこれと悩んだうえで、進路を決めたと思います。それと同じことだと考えてみてください。しかし、大学の受験と違って、就活では面接やエントリーシートなどで「自分の価値」をどれだけアピールできるかが合否に影響してきます。そのためには自分の長所や特徴を把握し、具体的に説明ができるように準備しておかなければなりません。そこで、自己分析という作業が重要になってくるのです。そういった意味で自己分析は、自分の進路を決定するために不可欠な一番最初に取り組むべきステップだといえるでしょう。

(引用:https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90-802450)

もっともらしいこと書いてますが、相当的外れなことを言ってます。

いくつも内定をもらうような優秀で効率的な学生は自己分析なんて当然やってません(笑)

実は私もほんとの最初はちまたで相当「自己分析が重要」と言われていたので自己分析をやった経験があります。すぐにやめましたけど。

私の場合は、「自己分析」っぽい本を買ってやってみたんですが、2~3ページやってみてすぐに違和感を覚えてやめました。

若手の虎
あっこれ違う・・・宗教や

優秀な学生や社会でバリバリ働いている人であればすぐに違和感を覚えると思います。それほど自己分析は”アホらしい”のです。自己分析なんて本気でするのは、頭の弱い学生か、宗教みたいな本や就活塾に騙されている情弱だけです。

 

あなたは20年、30年と生きてきてまだ自分のことが理解できていないのでしょうか?

 

実は自己分析はやればやるほど自分本位になって、合格から遠ざかっていきます。なぜなら自己分析は、”自分の”興味、”自分の”やりたいこと、”自分の”得意なこと・・・とすべて自分のことなんです。

企業はそんな自己中なヤツを求めてません。

自己分析をやりすぎてしまった人はその自分本位の考え方から抜け出せずに、面接やエントリーシートでも自分のやりたいことや、自分の長所ばかり語るようになります。新卒採用の面接官をやったことのある私は、こんなヤツまっさきに落とします。

就職活動で一番重要なのは企業との対話なのに、自己分析をやっている学生や転職希望者はそれができないのです。

 

就活の極意は?

それでは就職活動で大事なことは何なのでしょうか?

それは簡単で、「企業との対話」これだけです。

 

企業は求人を出すということは明確にほしい人材像というものがあります。もちろん転職においては即戦力となるスキルのマッチングが重視されます。

そのため就活の極意はいかに志望企業のほしい人材像になりきるかが重要といえます。自分が本当にそういう人材であるかはこの際、重要ではありません。優秀な人ほどこの人材を”演じること”が出来るのです。

就職活動というのは間違っても自己分析なんかして、自分のことをわかってもらう活動ではないのです。

あなたの最終的な目標は”採用してもらうこと”であって、”自分を理解してもらう”ことではありません。

これがわかってないと、いつまで経っても就職活動はうまくいかないでしょう。

 

面接やエントリーシートはどのように書くべきか?

それでは具体的に、企業の求める人材像を演じるというのはどういうことなのでしょうか?

くそ真面目な人は”演じる”ということに違和感を感じるかもしれませんが、自分の目的を考えてうまくやってください。バカ正直なのと、うまくやることはまったく違います。

 

企業の求める人材像を演じるということは簡単にいうと、相手の聞きたいことをしゃべる(書く)ということです。

自己分析をしていると、まずはじめに自分の得意なことがあって、それをどうやって生かすかという話の流れになると思いますが、これは違います。

まずは企業の求めることありきなのです。企業の求める内容に対して、自分がそれに対してなにができるか、どうやって貢献するかなのです。

 

それではもう少し具体的な方法論を解説していきましょう。

就活における面接やエントリーシートは次のように進めます。

  1. 企業の募集要項やOB訪問で志望企業の生の情報(獲得したい人材像)を徹底的に調査する
  2. 企業のほしい人材像に合わせた志望動機やエピソードを用意する
  3. 練りに練ったエピソードを頭に叩き込む
  4. 笑顔とユーモアを混ぜ込んで、話す

これだけです。

簡単ですね。

逆に言えば落ちる人はこんな簡単なことが出来ていないのです。

一番力を入れるところは企業の情報を仕入れて、企業のほしい人材像を明確にする作業です。これにはOB訪問や転職エージェント(それを介した企業の社員の紹介)を利用してください。

はっきりいって現場社員の話を聞かないと絶対にほしい情報は入りません。

現場社員の話を聞くには、OBや転職エージェントを活用してみてください。意外と簡単に社員を紹介してもらえますよ。

OB訪問するなら「ビズリーチ・キャンパス」が凄い!OB訪問先を探す就活生なら登録すべし!

Contents1 OB訪問マッチング「ビズリーチ・キャンパス」って凄い!就活生なら登録すべし1.1 就活で重要なのは自己分析?(笑)1.2 就活の極意はOB訪問で仕入れた生の知識とロジカルなしゃべり ...

続きを見る

IT業界のおすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

続きを見る

就活生や転職希望者は意外と自分本位の考えになってしまっています。そのため志望企業の社員の話を聞くことは必須です。募集要項に現れない全社の方針や社長の考えなどを聞けたら最高ですね。

面接を担当する人事が社長の言ってることに違うといえるはずないですから(笑)

 

あとは少しのユーモアが必要

ここまでくればもう少しです。

企業の求める人材像がわかって、相手の聞きたいことをしゃべれるようになったら、あと必要なのは少しのユーモアだけです。

やはり合否を決める面接官も人間ですから、堅苦しい話ばかりでは疲れてしまうし、一緒に働きたいとは思ってくれません。そんなときに少しのユーモアを交えた話ができれば採用されないわけがありません。

もちろんお笑い芸人のようにギャグをしろといってるわけではありません。

一番てっとりばやいのが自虐ネタですね。このサイトはIT特化のサイトなのでシステムエンジニアの話をしますが、システムエンジニアは自虐ネタが大好きです(笑)

ネタに困ったらこちらの記事も参考にしてみてください。

共感できる!?システムエンジニアの笑えるSEあるあるネタまとめ

Contents1 共感できる!?システムエンジニアの笑えるSEあるあるネタまとめ1.1 システムエンジニアのSEあるある2 まとめ2.1 Related Posts 共感できる!?システムエンジニア ...

続きを見る

 

まとめ

就活で重要なのは決して自己分析(笑)ではありません。

必要なのは”企業との対話”です。そして企業と対話するためには相手の聞きたいことを徹底調査して、それをしゃべるだけなのです。

就活の極意は、その聞きたいことをどのようにして調査することということになりますね。人生の一大イベントなので、どんなリソース・コネを使ってでもこの情報は獲得しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!あなたのシェアが記事を書く原動力です。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとの豊富なネットワークがあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

おすすめ記事

1

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

2

Contents1 IT業界で転職する際の転職エージェントの選び方1.1 大手総合型か?専門特化型か?1.2 大手か?中堅か?2 まとめ2.1 Related Posts IT業界で転職する際の転職エ ...

-転職コラム
-, ,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.