IT転職虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の転職について熱く語っています。

転職の基礎知識 転職コラム

ITベンチャー企業への転職の実態に迫る!メリットとデメリットを解説・年収や待遇は?

投稿日:


ITベンチャー企業への転職の実態に迫る!メリットとデメリットを解説・年収や待遇は?

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

IT業界で転職する際に考慮に入れたいのが、ITベンチャー企業への転職です。

ITベンチャー企業は大手企業と違って、「自分の裁量が大きいこと」や「実力が付きやすいこと」などのメリットがあり、実力のあるITエンジニアにとっては非常にやりがいのある環境です。しかしやはりベンチャーなので給料が安定しなかったり、最悪3年後には会社が存在していない可能性もあります。

そのため大手IT企業からITベンチャー企業に転職するのになかなか踏み切れないというエンジニアの方も多いのが現実です。

そこでこのページでは、ITベンチャー企業へ転職する際に考慮したいメリットやデメリットを解説していきます!

若手の虎
ベンチャーの実態に迫るぞ( ゚Д゚)

 

ITベンチャー企業

よく"ITベンチャー企業"といいますが、ベンチャー企業とはどういった企業のことを指すのでしょうか。

一般的にベンチャー企業とは「新し技術や高度な知識を基に、既存の大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する企業」とされています。

基本的にはこういったことは新進気鋭の企業が行うことが多いので、創業から間もない規模の小さい会社と理解している人も多いですよね。実態としてはこの理解でほとんど間違っていないと思います。よくスタートアップ企業とも呼ばれています。

そしていまの時代、ITを活用した新規サービスが多いことから、ITベンチャー企業が続々と誕生しています。というよりもどんなサービスを生み出すにしてもIT技術の活用は外せない時代ですからね。IT関連のベンチャー企業は人気が高いのです。

 

ITベンチャー企業は2000年以降にすごい勢いで増加しています。その主な理由は以下の3つと言われています。

  1. IT・情報技術の飛躍的な発展
  2. 起業に対する規制緩和の促進
  3. ベンチャーキャピタルなどのインキュベーターの増加

特に1番目の理由が大きいですね。ITの発展は産業革命と並び称されるほどインパクトだったと言われています。おそらく100年後の教科書にはこの20年ほどの動きはIT革命として語り継がれていくことでしょう。

そしてITベンチャーの人気の高まりはLivedoorのホリエモンこと堀江貴文氏や、楽天の三木谷氏などの誕生によって、絶頂を向かえます。ベンチャーとして誕生した企業がものすごい成長スピードで大企業と肩を並べるまでに成長していく姿は誰もが憧れました。ITベンチャーで成功すれば、それはイコール億万長者になれるというのは夢がありましたよね。

しかしITバブルの崩壊によって、一時ITベンチャー企業の人気は衰え、大企業の人気が高まっていましたが、近年では再びITベンチャーの人気が高くなってきています。

最近ではFinTech(金融×ITサービスの盛り上がり)IoTといった動きが加速していて、ITベンチャー企業の役割が見直されています。

成功すれば一攫千金、そしてダイナミックな開発や経営といった経験が得られるため、今後もITベンチャーの人気は続いていくと思います。

若手の虎
ベンチャー志向は重要だぞ( ゚Д゚)

 

ITベンチャー企業への転職

こうしたITベンチャー企業の盛り上がりによって、やりがいなどを求めて大企業からITベンチャー企業に転職するという人も増えてきています。

しかしやはりベンチャーは”不安定”とイメージもあり、ITベンチャー企業に転職しようとする際には人生でも大きな決断であると考えられています。

そこでITベンチャー企業のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

ITベンチャー企業に転職するメリット

ITベンチャー企業に転職するメリットは以下があげられます。

  1. 規模が小さいため自身の裁量が大きい
  2. 実力が付く
  3. 給料が高くなる

順番に説明していきましょう。

まずITベンチャー企業は「規模が小さいため自身の裁量が大きい」ことがあげられます。

大企業のように大きな組織ではないので、ITベンチャーでは自分の上司は社長だけというようなことも多いです。そのため自分はプレイヤーでもあり経営者、決定者でもあるのです。「どんなサービスを生み出すのか?」「次の戦略はなにか?」など大企業では経営者だけが行っていたようなことが、ITベンチャーでは一社員が普通に行うことができます。

それだけ意見がいいやすい環境とも言えますね。何より社長が身近にいることが多いので、積極的に発言することができるのです。そしてITベンチャーではむしろそういった意見を歓迎してくれることが多いです。大企業の場合は、一社員が経営に口を出すなんて考えられないと思いますが、ベンチャーではそれが許されるのです。

 

次にITベンチャー企業に勤めると実力が付きやすいということがあげられます。

これはITベンチャーに言えることですね。ITベンチャーではプログラミングの知識やシステム開発の知識などをフルに活用する機会があります。そして逆に新しい知識をどんどんと仕入れていかないと取り残される世界です。

そのため全員が知識や技術の向上に貪欲ですから、自分もそういう環境に身を置くことで切磋琢磨できるのです。

大企業と言うのはよくも悪くも保守的です。最新の技術なんて危険なのでほとんど手を出さないですし、イノベーションとは程遠い環境にあります。それでも生きていけるのが大企業です。そのためあまり知識や技術を向上しようという雰囲気はないのです。

それがITベンチャーは真逆の環境にあります。自分の実力を高めて、市場価値も高めたいという人にはうってつけの環境といえるでしょう。

 

最後に実は優良なITベンチャーに転職すると給料が上がりやすいということが言えます。

一般的にベンチャー企業に転職すると給料が下がるというイメージが多いようですが、最近はITベンチャーが儲かりやすい環境がありますから、優良なITベンチャーに転職すると給料が上がる傾向にあるのです。

ITは基本的にコストは人件費だけなので、優れたサービスさえ生み出せれば利益率はかなり高い業界なのです。

そしてITベンチャー企業は、人事制度などがきちんと整っていないので、破格の給料を提示することもできるのです。もちろんこれは優秀なエンジニアだったらという前提ですが。

大企業ではいくら優秀なエンジニアで喉から手が出るほど獲得したい人材でも、既存の人事制度を逸脱するような破格の給料を提示することはまずありません。ほとんどが年齢と前職の給料から割り出された値を超えることはないのです。

しかしITベンチャーは面接するのも役員だったりしますから、それほどにほしい人材ならば破格の給料を提示してでも獲得しようとするのです。

またそこまで破格の給料を提示しなくても、いい人材ならば大企業に取られないように高めの給料を提示してくることは結構あるのです。大企業は儲かっていても既存の人事制度から逸脱した給料は出さないでほとんど内部留保に利益が回されますが、ベンチャーは儲かったら人件費に回すことも多いのです。

 

ITベンチャー企業に転職するデメリット

次にITベンチャー企業に転職する際のデメリットについてです。デメリットは主に以下のようなことがあげられます。

  1. 労務環境や福利厚生が悪い
  2. 不安定
  3. 社長をはじめ同僚と合わないと逃げ場がない

まず第一に労務環境や福利厚生が悪いということがあげられます。

大企業は色々な意味で守られてますから、残業規制だったり、休みを取ることが保障されていたりします。しかしITベンチャーはそれがないですから、繁忙期には青天井で残業といったようなこともあるようです。そしてその他さまざまな福利厚生がITベンチャーにはありません。基本的には給料のみが報酬となる世界です。

どちらかというと外資系企業に近いイメージかもしれませんね。

 

次にやはり”不安定”ということがあげられます。

ベンチャー企業は10社あったら、1年後に残っているのは4社と言われています。そしてさらに5年が経過すると残っているのは1社だけという統計もあります。

つまりこのデータを見る限り、「同じ会社で働き続けたい」という人はそもそもベンチャーに転職するべきではないということがわかります。安定性をベンチャー企業に望んではいけないのです。

そして業績もなかなか安定しないことが多いので、給料も安定しないです。当然儲かっているときはそれだけ給料がガンガン上がっていきますが、業績が悪いときはその分下がり幅も大きいのが特徴です。住宅ローンを組んで、3年後に子供の学費を貯めて・・・みたいな将来の予測が立てにくいことが多いです。

大企業はある意味年功序列ですから、毎年少しずつでも昇給していきます。業績が悪くてもそこまで給料が減るということはありません。その分将来の予測は立てやすい傾向にあります。

 

最後に人間関係です。

これは社長が近いということの裏返しです。社長や同僚と合わなかった場合はもう逃げ場がありません。大企業であれば異なる部署に移れば人間関係なんてリセットできるかもしれませんが、ITベンチャー企業の場合は、人数が限られていることもあり、例え合わなかったとしてもその人とやっていかなければならないのです。

もうそこから逃げる場合は転職という選択肢しかありません。

そして経営陣がワンマン企業のようなことがあるので、社長の方針に合わなかった場合は、それがダイレクトに自分に降り掛かってきます。ITベンチャー企業に転職する際には、きちんと社長や経営陣と自分が合うかということを確認してから入社してほうがいいでしょう。

 

まとめ

ITベンチャー企業に転職する際のメリットとデメリットをまとめました。

メリットは主に以下の3点

  1. 規模が小さいため自身の裁量が大きい
  2. 実力が付く
  3. 給料が高くなる

そしてデメリットは主に以下の3点です。

  1. 労務環境や福利厚生が悪い
  2. 不安定
  3. 社長をはじめ同僚と合わないと逃げ場がない

ただしITベンチャーはデメリットを補って余りあるメリットがあります。それは”実力が付く”ことです。IT業界は実力がすべてですから、実力さえあれば不安定でも、会社がなくなっても、いくらでもやっていけるのです。もちろん安定という言葉はないですが、やりがいは大きいですよ。

若手の虎
優秀なエンジニアならどこでもやっていけるんだぞ( ゚Д゚)

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

・レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがたくさんあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

-転職の基礎知識, 転職コラム
-, ,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.