IT転職虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の転職について熱く語っています。

転職の基礎知識

IT業界への転職希望者が事前(入社前)に確認しておくべき5つの事項

投稿日:


IT業界への転職希望者が事前(入社前)に確認しておくべき5つの事項

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

IT業界への転職希望者は事前(入社前)に必ず確認しておくべき事項があります。こういった事項をきちんと確認せずに勢いだけで転職を決めてしまうと、「実はブラック企業だった・・・」「こんなはずじゃなかった・・・」ということになりかねません。

ブラック企業
バカな転職希望者を待ってるぜ!

そこで今回はIT業界への転職希望者が事前にきちんと確認しておくべき事項をまとめてみました。ぜひ参考にしてください!

若手の虎
備えあれば憂い無しだぞ( ゚Д゚)

 

IT業界への転職希望者の特徴

IT業界の転職市場は現在、かなり活発な状況にあります。IT業界はつねに人材不足のため、IT期企業各社が優秀な人材を求めているのです。

そのため選ばなければ意外とすんなりうまくいくのがIT業界での転職なのです。

IT技術者はIT動向には詳しいし、興味あるのですが、こと転職においては「突っ走る」傾向にあります。これは私もIT技術者の端くれとして非常にわかるのですが、「とりあえず試してみて(やってみて)判断する」というような比較的前向きな思考の方が多いです。

そのため、給料が良いからと適当に選んだ会社の選考を受けて、なんか受かっちゃったからとりあえず入社してみるか!と楽観的に考える人が非常に多いのです。私はこうしたIT技術者の性格は好きですし、このなんでも”やってみる”という文化がIT業界だと思ってます。

しかしこと転職市場において、それはとても危険なのです

 

未確認が招く不幸な現実

それでは転職する前に確認しておくべき事項をきちんと確認しないとどのようなことが起こるのでしょうか。

私がよく聞く話では、

若手の虎
思っていた仕事内容と違う!自分のキャリアがまったく活かせない
若手の虎
なんじゃあこの企業は!これはブラック企業じゃないか

などなど。確認を怠ったばかりに勢いで転職を決めてしまい、不幸な現実を目の当たりにする人が多いのです。

もちろん現在IT業界は非常に活況なので、大抵の企業はまともな会社だと思います。ただ数が多ければ多いほど、”まともじゃない”企業や”合わない”企業が多いのも事実です。

そんなアンマッチな企業に間違って転職しないためにも、転職においては慎重に転職先企業を吟味する必要があります。

ただしもちろん「えり好みしている状況ではない!」という人もいると思いますので、あくまで参考情報となります。

それでは具体的に事前に確認しておくべき事項を紹介していきましょう。

 

①入社した場合、どこでどんな仕事をすることになるのか

意外と一番重要なことである、場所と仕事内容を確認しない人がいます。

なぜこんなことが起こるのかというと、面接官は「当然そんなことわかってるよね」という思い込みがありますし、転職希望者は「この募集要項ならばこんな仕事をするはず」と思い込んでいるからなのです。

そのため一度もきちんと面接などの場において確認しないとすれ違ったまま入社ということになりかねないのです。

特に多いのが働く場所です。

働く場所というのはサラリーマンにとって結構重要事項なのですが、いざ入社となって

若手の虎
は?北海道?( ゚Д゚)

みたいなこともあるといいます。もちろん募集要項に勤務場所が記載されていることが多いですが、記載されていないところは要注意です。遠隔地での勤務が前提のため意図的に隠している悪質な企業も存在するといいます。

 

また仕事内容はきちんと確認しておくべきです。募集要項にある程度記載されていることが多いですが、書類上の文字なんていくらでもごまかせたり、曖昧に書くことができるのはみなさんご存知の通りです(笑)

顧客に障害報告書を出さなければいけないときにバカ正直にすべてあるがままに記載する人はいないですよね。それと同じで募集要項なんて上辺だけの表現が記載されているだけで、具体的に確認しないと認識相違が発生するのです。

 

②入社後にアサインされる予定のプロジェクト状況

IT業界では炎上プロジェクトに投入するために、人を募集することがよくあります。

最近、某銀行系のプロジェクトで”優秀なPM募集”とかいったふざけた募集案件が長々と出ていたことがあります。これはIT業界に勤めるものなら誰もが知ってる有名な炎上案件で、破格の待遇だったのですが応募する人はそれなりに覚悟が必要な案件でした(笑)

そもそもPMを外部から募集する時点で相当ヤバイ案件だということがおわかりいただけると思いますが、炎上していることがわかっていて参画するならばそれなりに炎上耐性がある人でないとやっていけないことは容易に想像できます。

そのため自身が入社した場合にアサインされる予定のプロジェクトがどんなものでどんな状況かはきちんと押さえておくべきです。勢いで決めてしまうと必ず後悔します。

ちなみに私も炎上プロジェクトに参画したことがありますが、毎日終電帰りで結構きつかったですよ(笑)ただそのときのプロジェクトは炎上していましたが、なぜかみんな雰囲気は明るかったので、きつい以上に盛り上がってたので麻痺してましたが・・・

もちろん炎上プロジェクトに参画して、かなり実力が上がったと感じますが私生活を犠牲することになるので、やはり覚悟は必要です。

そして一番気を付けなければいけないのが、ブラック企業は”炎上しているプロジェクトである”ということすら隠してきます。転職希望者は審査される側であることから立場が弱いので、企業側に事実を隠されていたらなかなか厳しいのです。

そんなときは応募企業がブラック企業でないかはきちんと把握しておくべきでしょう。

若手の虎
ブラック企業は怖いんだぞ( ゚Д゚)

 

③応募先企業がブラック企業の匂いがしないか?

やはり転職しようとしている企業がブラック企業でないかはきちんと確認しておくべきです。

もちろん誰もが知っているような有名企業に応募するならば話は別ですが、IT企業にはベンチャー含めかなり裾野が広い業界です。そのためあまり一般には知られていない優良企業がたくさんあることも事実です。

しかしそれと当時にブラック企業も確実に一定数存在するのです。

ブラック企業に間違って転職してしまうと、かなり劣悪な環境ですぐに再度の転職をしなければいけなくなるか、”洗脳”されて感覚がマヒしていくかのどちらかとなるでしょう。優秀なIT技術者がブラック企業の食い物にされるのはとても不幸なことです。

転職する場合はより慎重になることをおすすめします。

IT業界におけるブラック企業の見分け方はこちらの記事に詳しくまとめています。

IT業界での転職時におけるヤバイブラック企業求人の見分け方

Contents1 IT業界での転職時におけるヤバイブラック企業求人の見分け方1.1 ITブラック企業のヤバイ求人の謳い文句集1.2 ITブラック企業のヤバイ求人の掲載写真2 まとめ2.1 Relat ...

続きを見る

 

④勤務・労働条件(給与、休暇、勤務時間などなど)

まあ給料は当然聞くとして、なかなか聞けないのが勤務時間ですよね。日本人の美徳なのですが、あまり自己主張するような質問はしないことが多いです。

特に残業時間などはマイナスイメージに捉われる恐れがあるので聞きづらいものです。

そしてIT技術者は朝に弱い人が多いですから(笑)、始業時間はきちんと確認しておくべきです。

若手の虎
朝はゆっくり寝たいんだぞ( ゚Д゚)

こういった質問はストレートに聞かないで例えば「社員のみなさんは何時頃に帰ることが多いですが?」と間接的に聞くのがよいでしょう。面接を担当しているのが人事だった場合は正直に答えてくれると思います。

逆に間接的に聞いたにも関わらず、曖昧に答えたり、ごまかしたりしたら怪しいです。

 

⑤自分に期待されていることは何か?

最後に自分に期待されていることは何かそれとなく聞いてみましょう。

これは仕事内容にも直結しますが、企業側の求める人材と本人の希望のミスマッチほど悲しいものはありません。

入社後に「なんか違うなあー」のNo.1がこの理由です。ここを曖昧にしたままで進むことは双方にとって不幸なのです。

自身に求められている役割が明確であれば、入社後に迷うことはないですよね。力も発揮しやすいというものです。

若手の虎
一番重要なのはマッチングだぞ( ゚Д゚)

 

まとめ

IT業界への転職希望者が事前に確認しておくべき5つの事項を紹介しました。

日本人は空気を読むというすばらしい文化があるので、きちんと確認しないまま進むということがたまにあります。

転職市場においては一つの思い込みや勘違いが、重大なミスとなりかねないので、ここは慎重に見極めていきましょう。

若手の虎
IT技術者よ優秀たれ

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

・レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがたくさんあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

-転職の基礎知識
-,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.