転職の基礎知識

IT・WEB・システムエンジニアの転職に適切な年齢やタイミングはあるのか?

更新日:


IT・WEB・システムエンジニアの転職に適切な年齢やタイミングはあるのか?

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

これからIT業界で転職しようと思ってる人にとって気になるのが転職活動を行うのに適した年齢やタイミングはあるのか?ということですよね。転職にはやはり時期やタイミングの好機というものがあり、それを逃すと失敗しやすいものです。

優秀なエンジニアが、時期を誤ったからといって転職に失敗したくないですよね。優秀なエンジニアは”システム時刻”には詳しくても、”転職時刻”に対しては意外と無頓着なことが多いです。

このページではIT・WEB・システムエンジニアにとって転職活動を行うのに適した年齢やタイミングについて解説していきます!

 

転職に適した年齢・タイミング

確かにみなさんのご想像通り、転職活動に適した年齢やタイミングというのはあります!

特にIT業界は能力や体力勝負なところがありますから、その傾向は他の業界よりも顕著になってきます。

若手の虎
「ああーブラックな現場から転職したいなー」

と思っても、行動に移すタイミングは慎重に選ぶべきなんです。

思い立ったが吉日なんていいますが、こと転職に関しては時期を選んだ方がいいです。そうじゃなきゃ、たまたまタイミングが悪くて転職に失敗したーーーなんてことになりかねません。一生のうちに数回しかない転職を、時期を見誤ったという理由で失敗したくはありません。特に優秀なエンジニアにはね。

 

まず基本的には30代前半までは転職に適した年齢であると考えて問題ないです。

若手の虎
年上のおっさんエンジニアは使いづらい!

逆にそれ以降はなかなか雇ってくれるところが少なくなるという現実があります。もちろん百戦錬磨のスーパープログラマーだったり、歴戦の勇者みたいなプロジェクトマネージャーなら話は別ですが・・・

若手の虎
一時期どっかの炎上プロジェクトがずっとプロジェクトマネージャーを募集していたけど、どうなったんだろう?

やっぱり優秀なPMはどこもほしいんだね。

そのため転職を考えている人は30代前半までに行う!という意識でいたほうがいいと思います。

 

勤続年数からみた転職のタイミング

日本では悪い意味で「転石苔を生ぜず」といいますが、やはり転職業界でも勤続年数というのは重要なファクターになってきます。

当然何回も転職しているような人はあまり印象はよくないです。最低ラインは2年間というのが定説になっていますね。そのため転職したいと思っても勤続が2年未満の場合は、ちょっと待った方がいいと思います。

確かに私が勤めている企業でも転職をしてきた人がいますが、転職は多くても2回くらいの人が多いですね。1年くらいで転職を繰り返している人は、なんか問題があるか、「ああーすぐに辞めそうだなコイツ」と思ってしまいます。

若手の虎
転職何回もしてるヤツなんか信用できないなー

まあすぐに転職したい!!と思う気持ちはわかりますが、エンジニアの価値は実績や経験が重視されますから、少なくとも現在担当しているプロジェクトくらいは完了していたほうが印象は格段にいいです。例えば1~2年のプロジェクトでしたら、いくら転職したいと思っても、そのプロジェクト完了くらいまではがんばりましょう。

転職における面接でも、プロジェクトをやり遂げた後のタイミングのほうが、動機付けもしやすいですよね。

若手の虎
「以前のプロジェクトを完遂させまして、もっと新しい環境で大きな仕事がしたいと感じるようになりました(キリッ」

みたいな感じですね笑。

 

転職に適切な時期

IT業界では、転職に適した時期というのはあまりありません。一年を通して求人があるので、その面ではいい業界ですね。

他の業界ですと、人事異動が多くある4月や9月の前の方が求人が多いと言いますが、IT業界はそういったものはないです。

IT業界はプロジェクト制ですから、プロジェクトが始まるタイミングが好機です。狙っていた会社で大型プロジェクトが始まる前なんかは優良な求人が出やすいので、逐一チェックしておきましょう。

若手の虎
大型プロジェクトが始まると、どこも大量に人を募集するしなー。どこのプロジェクトも優秀な人は離さないから人集めが大変だ・・・転職組みでも優秀な人が来てほしい!

 

あとは自身の現在の仕事はきちんと考慮しましょう。さきほども言いましたが参画しているプロジェクトを放棄して、転職するというのは業界的に印象が良くありません。そんな人はこっちに来ても、途中で抜けられる可能性があると判断されてしまいます。

引き継ぎなどがスムーズに行える時期を考えて転職活動を行いましょう。

あとボーナスが出る6月と12月はいたほうがお得ですよ笑。

 

まとめ

このようにIT業界における転職には適切な年齢と適切なタイミングがあります。

良いタイミングでしっかりと準備を行って転職したほうが、成功率も高くなり、待遇も高くなることが多いので、きちんと時期を見極めてから転職活動を開始しましょう。

ぜひ参考にしてください!

若手の虎
時期は重要だよ。リリース時期くらいね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとの豊富なネットワークがあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

おすすめ記事

1

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

2

Contents1 IT業界で転職する際の転職エージェントの選び方1.1 大手総合型か?専門特化型か?1.2 大手か?中堅か?2 まとめ2.1 Related Posts IT業界で転職する際の転職エ ...

-転職の基礎知識
-, ,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.