書類・面接対策 転職の基礎知識

IT業界での転職時における魅力的な応募書類の書き方対策

投稿日:


IT業界での転職時における魅力的な応募書類の書き方対策

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

IT業界で転職する際に必ず通らなければいけないもの、それは書類選考です。

書類選考で合格しなければ、どんなにすごい経歴を持っていて、どんなに魅力的な人物でも面接すらしてもらえません。そのため応募書類というのは第一関門として非常に重要です。

いくら応募しても不合格、面接にすらたどりつかない・・・と言う人は一度自分の書いている内容を見直しましょう。あなたの応募書類、独りよがりになってませんか?

このページでは、魅力的な応募書類の書き方を解説します。細かい書き方や書く内容についてはいくらで解説しているサイトがあるのでそちらを参考にしてください。ここではプラスアルファのアドバイスを紹介します!

若手の虎
面白みのない書類は落とすよ

 

「会ってみたい」と思わせる内容になっているか?

私もたまに現場のエンジニアとして面接者の応募書類を目にすることがありますが、大体が”つまらない”です!

これはマジです。

よくこんな内容で読んでもらおうと思ったなと思います。

どういうことかというとまったく面白みがないのです。

応募書類を見ると、大体の人が

若手の虎
俺スゲー

的な内容を書いてきます。それはもう嘘みたいにすごい経歴です。ですが現場のエンジニアである私が見れば粉飾決算であることは明らかです(笑)

そんな美しいプロジェクトで、完璧にまとめられる人なんていないですよ。もうきれいごとばかりで反吐が出るのです。(とかいうと言い過ぎかもしれませんが、ほんとですよ)

あなたはネット上で何かしらの文章を見るときに、面白みのない文章がツラツラと書いてある記事を読みますか?

読まないですよね。3秒で閉じると思います。

でもちょっと待ってください。あなたのその履歴書や応募書類は他人からみて面白みがありますか?

若手の虎
せっかく一生懸命書いたんだから隅々まで読んでくれよ!

と思うかもしれませんが、ネット上であなたがそっと閉じるサイトと同じなんですよ。それを一生懸命書いたんだから読んでくれといって、あなたは読みますか?

そう読まないんですよ。最低限さらっと読むと思いますが、大量に来る応募書類に埋もれて不合格行きです。

面白みと言うのは笑わせるということではないです。魅力ある文章ということです。

この魅力的な文章というのは確かに難しいですが、自分で読んでみて、面白みがまったくないと思ったら、それはもうだめです。大体の人が自分の経歴を淡々といかにもすごいように書いてあるだけで、面白みはまったくないです。

私は新人の教育を担当しているのですが、彼らが一年の成果を本部長にプレゼンする資料を作ると大体みなさんが最初に書く応募書類のようになっています(笑)

どういう内容かはもう想像が付きますね。彼らは本当に本部長に興味を持って聞いてもらえると思っているのでしょうか?

そんなとき、私が決まってアドバイスするのは

若手の虎
面白みを入れろ!

ということです。

「じゃあ面白みのあるってなんじゃ!」と思うかもしれませんが、20年30年生きてきたならば面白みのある文章というのはわかるでしょう。あなたがいままで読んできた面白みのある内容に沿って、あなたのエピソードを書けばいいんです。これなら簡単ですよね。

あなたの書いた応募書類が魅力ある、面白みのある内容となっていれば、人事担当者はあなたに会ってみたいと思うでしょう。

 

相手が知りたい情報になっているか?

これも重要なポイントです。

よく見る、すぐ落とす応募書類は大抵独りよがりになっています。

どういうことかというと、自分が言いたい内容だけが書いてあるのです。もうほんとにそれを言いたくてしょうがないんだろうなーということはわかるのですが、人事が知りたい内容とはずれていることが多いです。

若手の虎
言いたいことはわかった。で?

 

企業の担当者が主に知りたいことは、あなたがどのようなキャリアでそれが自社の業務にどのように活かせるかです。

もちろんそのキャリアは具体的でなくては説得力がないです。もちろん面白みも忘れずに。

しかし応募者がよく書くのは自身の希望のようなことばかりです。またキャリアも自分がアピールしたいことだけであって、そんなの応募企業の募集要項にマッチングしているかなんておかまいなしです。

いうなればJavaの技術者を募集しているのに、COBOLのすごい経歴がツラツラと書かれているようなものです。COBOLの経歴がすごいのはわかりましたが、知りたいのはJavaの経験なのです。

よく言われることですが、応募書類の内容を書く時にはそれを読む人事の立場に立って考えてみましょう。それが一番効果的です。

若手の虎
読む人の気持ちになって考える。こんなこと小学校で習うよ

 

まとめ

IT技術者が転職する際に面接にたどり着くために必要な魅力的な文章の必要性を解説しました。

面白みのない文章は読まれません。これはあなたがいつもやっているサイト閲覧行為と同じです。自分の書いた内容に面白みがあるか?それは書いたあとに確実に確認しましょう。それが人事担当者に会ってみたいと思わせるコツです。

またその際に独りよがりの内容になってないかも確認してください。人事担当者が知りたい内容とあなたが言いたいことは違う可能性が高いです。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとの豊富なネットワークがあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

おすすめ記事

1

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

2

Contents1 IT業界で転職する際の転職エージェントの選び方1.1 大手総合型か?専門特化型か?1.2 大手か?中堅か?2 まとめ2.1 Related Posts IT業界で転職する際の転職エ ...

-書類・面接対策, 転職の基礎知識
-, ,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.