IT転職虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の転職について熱く語っています。

転職コラム

IT業界での転職時におけるヤバイブラック企業求人の見分け方

更新日:


IT業界での転職時におけるヤバイブラック企業求人の見分け方

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

IT業界で転職を行う際に最も気を付けなければいけないのが「ブラック企業」です。

政府の規制が厳しくなったとはいえ、まだまだ社員をただの使い捨ての駒としか見ていないブラック企業は多いです。こんなブラック商売は絶対破綻するので、経営者はほんとアホかと思うんですが、目先の利益しか考えられない経営者や上司というのはどうしても一定数いるものです。

ブラック企業
どんどん来い!使いつぶしてやるぜー

ブラック企業に一度入ってしまうと、心身は疲れ果て、辞めたときには再起不能なんてことにもなりかねません。うつ病になってしまう可能性も高いのです。

なぜそこまでこき使われるのか?それは日本人が真面目だからに違いありません。

はたから見ると「そんなブラック企業、すぐに辞めちゃえばいいじゃん」と思うかもしれませんが、日本人は真面目だからすぐには辞めずとりあえずがんばって見ようという人が多いのです。これは日本人の美徳でもあるので、難しいところなんですが・・・

ブラック企業はこういった日本人の真面目さを利用して、徐々に洗脳していくのです。DV夫から離れられない妻に似ていますね。

さらに日本ではコロコロ転職するのはあまり好まれない風潮があるので、なおさら簡単には辞められないのです。

若手の虎
ブラック企業には入りたくない(((( ;゚Д゚)))

つまりブラック企業と関わらないためには、入る前にブラック企業を見向いて、そんな企業には応募しないことが重要となってきます。

そこでこのページではIT業界で転職する際に気を付けたいヤバイブラック企業求人の見分け方を解説します!

 

ITブラック企業のヤバイ求人の謳い文句集

ブラック企業
学歴職歴不問!未経験OK!

IT業界でこの求人は間違いなくヤバイですね・・・ブラック臭がプンプンします。

まず一言、言っておきましょう。IT業界の仕事は未経験でこなせるほど甘くないです。きちんとした理系学問の素養があって、入社後にちゃんとした研修を受け、実践で先輩に鍛えられてようやく一人前になれます。

ところが未経験の転職でIT企業に入ると、未経験のまま開発現場に放り込まれて、適切な教育もされず、こき使われる可能性が高いです。「えっ未経験OKなんだから、きちんとプログラミング教えてくれるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、IT業界では教育なんてあまり意味を持ちません。知識は実戦において自分で身に付けるものなのです。

新卒からIT企業に入れば、OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)という形でそれなりにものになっていくのですが、未経験の転職ではそうはいきません。

それがわかってない人は会社で教育してくれると思いこみ、飛び込んでくるのですが、開発のイロハも知らないため雑用として使われるだけ使われてIT業界を退場していくのです。特にブラック企業は「気合」wで乗り切れという風潮が強いです。

それでも未経験の人を募集しているということはそれだけ人が足りてないということです。つまりは人がすぐに辞めていくブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業は人売り商売なので、使えないやつでも一月いくらとして販売するために次々と人を投入します。そこには教育なんて当然存在しないのです。もちろんこんな商売の仕方は無理があるので、淘汰されていくんですが、目先の利益のためにこういう無謀な商売をしているブラック企業は数多く存在しています。

若手の虎
学歴、経験不問ってコンビニかよ・・・

 

ブラック企業
20代の若い社員が活躍する職場です!

IT業界は特にベンチャー企業において確かに若い社員が多いところもありますが、若い社員しかいないということは離職率が高い可能性もあります。こういったところは平均勤続年数や会社の設立年をきちんと確認しましょう。

若い社員が多い=中堅がいないということです。中堅が育たない環境というのはブラック企業の特徴です。私の会社でも、とある時期にこういう会社の派遣エンジニアと仕事をしたことがありましたが、とにかく中堅のエンジニアがいないのです。

つれてくるのはほとんど経験もないようなペーペーばかりなので、この会社との付き合いはやめたということがありました。

ベンチャーのような設立が新しい企業は別として、ちゃんと中堅のエンジニアが育っているのかは確認したほうがいいでしょう。

若手の虎
若手が多いのはいいけど、きちんと中堅育ってるの?

 

ブラック企業
若いうちから責任のある仕事をお任せします!

これはブラック臭が強いですねー。責任だけ背負わせて、あとはまったく知らんという可能性が高いです。

もちろん本当に裁量を若いうちから与えてくれる優良企業の可能性もありますが、”責任のある仕事”というのがどういうものかきちんと確認する必要があります。こういうのは人売り派遣IT企業に多いといいます。

どういうことかというと、若手のうちから「~マネージャー」やら「~コンサルタント」にみたいな怪しい肩書だけ負わされて、経験を偽って現場に派遣されるのです。もちろん派遣依頼元はそれだけの経験がある前提で仕事を与えますから、それに適合できない人はどんどんと退場していくのです。

若いうちから責任のある仕事をするというのはそういうことです。本当に実力が伴っている人であればまったく問題ないのですが、肩書きだけのエンジニアはその重圧に潰されてしまいます。責任のある企業であれば、こんな謳い文句は言わないでしょう。

若手の虎
肩書だけ怪しい名前の人っているよね。

 

ブラック企業
和気藹々とした職場環境です!
ブラック企業
アットホームな会社です。

和気藹々って・・・大企業ならともかく、やたらと社員旅行や福利厚生のノリを強調して、仲良いアピールをする企業はブラックである可能性が高いです。特にワンマン経営者の会社にありがちです。

根性論とか宗教的なノリがあるところは特に注意ですね。精神を麻痺させて、辞めさせなくするような技がうまいところがあるようです。こういうところに入ると、洗脳されてしまってなかなかやめられないので、気付いたら再起不能になっていたということが多いです。

若手の虎
仲良いのはいいことだけど、慣れ合うのは違うよね

 

ブラック企業
給料が異常に高いよ!

年齢や経験の相場よりもやたらと高い給料を提示しているところは間違いなくブラック企業です。高い給料に目がくらんで飛びつくと痛い目に合います。もちろん本当に高い給料のところもありますが、そういったところは大企業であったり、他の社員も同様の給料のはずです。

そうでないところは、求人内容に書かれた給料にはからくりがあるはずで、実際にはそんなにもらえません。

入ったら「こんなはずじゃなかった・・・」とならないためにも、給料のカラクリはきちんと調べましょう。

若手の虎
給料が異常に高かったら怪しんだほうがいいね

 

ブラック企業
安い求人広告「求人募集!」

新聞のチラシにまじってるような求人広告は当たり前ですが、危険です。ちゃんとした会社はそれなりの媒体に求人を出します。大手の転職サイトに載っているような会社であれば大丈夫だと思いますが、安っぽい求人広告に同じような記事を何個も載せているような企業は疑ってかかりましょう。

若手の虎
新聞のチラシって、アルバイトか!

 

ITブラック企業のヤバイ求人の掲載写真

ブラック企業のヤバイ求人広告に載せている写真にも特徴があります。

ブラック企業
無料素材サイトのサラリーマン画像を載せている

これは社内の実際の社員を載せられない何か理由があります。社員数が少なすぎたり、社内がぼろくそすぎて見せられなかったりする場合が多いです。

 

ブラック企業
社内のデスクが折り畳み机だったり、コクヨ風(職員室にあるような机)

写真に載っているデスクの写真はチェックしておきましょう。まじで社内の備品は経営の健全性に直結しています。これらにお金を出せない企業はそもそも経営が怪しいです。

 

ブラック企業
会社が雑居ビルの一室

掲載写真にビルの写真がなかったら、きちんと現場に行くか、Googleストリートビューなどで所在地を確認しましょう。オフィスがただの古い雑居ビルだったりすると、確実に零細企業です。給料は低いし上がらないと思いますよ。

優秀なITエンジニアならせめて高層ビルに入っているくらいの規模の企業に入りましょう。

若手の虎
オフィスって重要だよね

 

ブラック企業
リア充感を演出している、やたらと女性社員がけばい

これは本当に働いているエンジニアではないです。そこには何か理由があります・・・もう言わなくてもわかりますね。

妙に張り切っている本物っぽくない社員が出てたら要注意ということです。

若手の虎
リア充ばくはつしろ

 

まとめ

IT業界で転職する際に気を付けたいヤバイブラック企業求人の見分け方を解説しました。

もちろんここにあてはまったからといって優良な企業はたくさんあります。しかしここに載っているような求人をしていたら、少し立ち止まってその理由を考えたほうがいいです。

一番重要なのは自分が納得できるかなので、ここに載せた要注意事項に対して、自分が納得できる理由があれば問題ないと思います。

若手の虎
エンジニアよ!自分なりの転職単体テスト仕様書を持て!

 

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

・レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがたくさんあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

-転職コラム
-,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.