IT転職虎の穴

つまらない人生を面白く生きることが目標。人生に閉塞感を感じる現役システムエンジニアがIT業界の転職について熱く語っています。

書類・面接対策

IT業界での転職時の面接において必ず聞かれる質問例ベスト10

投稿日:


IT業界での転職時の面接において必ず聞かれる質問例ベスト10

若手の虎
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

IT業界での転職の際にも、他の業界と変わりなく、転職を希望する会社から面接を受ける必要があります。もちろん経歴も重要ですが、最終的にはこの面接で合否が決まるといっても過言ではありません。

私はあまりこの面接で合否を決定するようなやり方は嫌いなんですが、現状最もその人の”雰囲気”がわかる方法は面接しかないですから仕方ありませんね。

若手の虎
面接ですべてがわかるわけじゃないが、会わないとわからないこともある
ブラック企業
俺らは根性しか見てないけどね

そこで重要なのが、どのようなことが聞かれるのか?ということです。

このページではIT業界の転職の際に聞かれる質問のベスト10を解説します!

 

必ず聞かれる質問ベスト10

さっそく必ず聞かれる質問ベスト10を紹介していきましょう。

1位 何か質問はありますか。 96%
2位 これまでの会社を辞めた(辞める)理由 94%
3位 当社への応募理由 92%
4位 前の会社ではどのような仕事をしていたのか 88%
5位 入社可能時期 78%
6位 志望職種を選んだ理由 58%
7位 どのような仕事に自信があるか 54%
8位 入社したら、どのような仕事をしたいと思っているか 48%
9位 仕事をする上で大切にしたいと思っていること 45%
10位 他に受けている会社について 45%

(エン転職 募集企業100社アンケートより)

まあ大方想像通りですね。ベスト10ともなると変な質問はなく、ストレートな質問ばかりです。

逆に言えばこういった質問は必ず聞かれると思って対策しておいたほうがいいということですね。

一つ一つ見ていきましょう。

 

1位:何か質問はありますか。

これは必ず聞かれるでしょう。予定調和です。

何も聞きたいことがなくても質問を用意しておきましょう(笑)。これは意欲の問題です。

もちろん給料の話なんかしちゃだめですよ。ここは御社に興味があり、せっかくの機会だから教えてくださいというベストな質問を用意していきましょう。ホームページに載っているような情報もだめです。

現場の担当者、もしくは人事だからこそ聞けて、さらに相手がしゃべりやすいという絶妙なバランスが求められます。

若手の虎
質問がなくても質問するんだぞ( ゚Д゚)

 

2位:これまでの会社を辞めた(辞める)理由

これも必ず聞かれるでしょう。人事としてはなぜ今の仕事を辞めて、この会社に入りたいのかは知りたいところです。

ここは大人の対応が必要です。給料を上げたいからというのが理由だとしても、その本音が通用するところと通用しないところがあるので注意です。

極論をいえば外資系などに転職したい場合は、「給料を上げたいから」という理由はストレートでわかりやすく、向こうも受け入れやすいです。逆に本音を出さないことを美徳とする日本企業の場合は、そういった欲のようなものは嫌がられる傾向にあります。

若手の虎
本音は諸刃の剣だぞ( ゚Д゚)

 

3位:当社への応募理由

まあ当たり前ですね。

理由もないのに応募したりしませんよね。

正攻法の応募理由と、自分しか語れない応募理由を織り交ぜてアピールするのがいいと思います。

正攻法というのは、その会社の特徴であったり、まずぱっと浮かぶその会社のいいところです。こういったところは押さえておかないと、さすがに相手に伝わりません。

そこから自分だけの背景や思いからくる志望理由を語れるとオリジナリティがあってなおよしです。

若手の虎
定番とオリジナルを織り交ぜんるんだぞ( ゚Д゚)

 

4位:前の会社ではどのような仕事をしていたのか

ここは本人の自己アピールをする場所ですね。ある程度粉飾するのは当然として(笑)、今の会社を辞める理由から、面接を受ける企業の志望理由まで一貫したストーリーになっていることがベストです。

当然ここでしゃべる内容が、志望企業の募集要項と合ってなければなりません。合ってなくても合わせるんですよ。正直者がばかを見る世界です。

若手の虎
しゃべる内容もストーリー性重視だぞ( ゚Д゚)

 

5位:入社可能時期

これを聞かれる可能性は高いですね。事前に押さえておいたほうがいいです。

この辺の事情は以下の記事に詳しく書いています。

IT転職「虎の巻」~転職する前に読んでほしい転職に必要な準備編~

Contents1 IT転職「虎の巻」~転職する前に読んでほしい転職に必要な準備編~1.1 1.修行規則を確認する1.2 2.時間とお金を準備する1.3 3.転職スケジュールを立てる1.4 4.転職エ ...

続きを見る

若手の虎
入社可能時期は確認しておくべきだぞ( ゚Д゚)

ブラック企業
さっさと来い来いー!(^^)!

 

6位:志望職種を選んだ理由

これは志望職種がわかれている場合ですね。

IT企業の場合は、プロジェクトマネージャーやインフラエンジニア、データベースエンジニアなど多岐に渡るので、会社の志望動機と一緒に確認しておきましょう。

この質問がある場合はすべてに一貫性があって、ストーリーになっていなければなりません。

逆にストーリーになっていれば説得性が増します。

若手の虎
IT企業だったら選び放題だぞ( ゚Д゚)たまねぎ戦士が一番強いんだぞ

 

7位:どのような仕事に自信があるか

これは今の会社でやってきた仕事と絡めて話すべきですね。

いままでやってきたことに自信がない人に、今後の仕事を任せられるはずがありません。

もちろんそれが応募企業の募集要項に合ってなければいけません。何度も言いますが合ってなくても合わせるんです。

若手の虎
自信なんてやってたら自然とついてくるんだぞ( ゚Д゚)

 

8位:入社したら、どのような仕事をしたいと思っているか

うーんしつこいですね(笑)

こんなの応募企業のほしい人材に合わせて答えるんです。それがいやなら違う企業に応募するんです。それだけです。

若手の虎
企業のほしい人材と違う答えをしたらさよならだぞ( ゚Д゚)

 

9位:仕事をする上で大切にしたいと思っていること

やっとオリジナリティを発揮できる項目が出てきましたね。

こういう質問であなたのオリジナリティを発揮するんですよ。いままでの質問はある意味予定調和です。答えなんか8割方決まってます。それをいかに面白おかしく興味を持ってもらえるように話せるかが勝負なんです。

そしてこういった質問であなたのオリジナリティを出すんです。

若手の虎
自分のオリジナリティを発揮したいなら時と場合を選べ( ゚Д゚)

 

10位:他に受けている会社について

ここは全部正直に答える必要はないですが、ある程度あり得る話を語ったほうが無難です。志望動機のストーリーにあてはまるのが本当に志望企業だけだったら、この会社に入れなければ意味がないので他は受けてないというのもありだと思いますが、大抵はそうじゃないと思います。

自分の志望動機のストーリーに沿った企業を受けているといいましょう。ただその中でも面接を受けている企業が第一志望であるといったほうがいいですね。

若手の虎
嘘はつかなくてもいいけど、現実的な話をするんだぞ( ゚Д゚)

 

まとめ

IT業界での転職時の面接において必ず聞かれる質問例ベスト10を紹介しました。

やはりベスト10ともなると定番の質問が多いですね。逆にいえばやはり定番の質問は聞かれるので対策したほうがいいです。

そしてバカ正直に答えるのはおすすめしません。あなたの転職の目的はなんですか?その目的を果たすために譲れない部分はなんですか?

これを意識しましょう。この譲れない部分から外れない限り、応募企業のほしい人材に合わせるんですよ。

若手の虎
IT転職者よ役者たれ!

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

・レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがたくさんあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

-書類・面接対策
-,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.