転職の基礎知識

IT業界での転職で給与アップは可能?どのくらい上がる?給料交渉はいつするべき?

更新日:


IT業界での転職で給与アップは可能?どのくらい上がる?給料交渉はいつするべき?

管理人
優秀なエンジニア諸君!

管理人の「若手の虎」です。お疲れさまです。

 

ITエンジニアが転職をしたいという理由は様々だと思いますが、転職の大きな理由の一つに「給与アップ」があります。

なぜならばIT業界での転職において、給与アップはかなり高確率で狙うことができるからです

 

やはり現在社会ではもはやITはインフラと同様の価値を持っているため、ITエンジニアの需要は年々高まっています。

業界を問わず必要なスキルを保持しているので、どこの会社にいっても活躍することができるITエンジニアは最強の職業と言えます。

 

普通のサラリーマンは、前職の経験はその業界でしか活かすことはできませんが、ITスキルというのは汎用性があります。

IT専門の会社からより事業規模の大きいIT企業に転職してもいいですし、事業会社にも転職できます。これだけ需要のある職種はほかにはないでしょう。

 

当然ですが需要が高いということは、それだけ価値が高くなっているということです。

それはイコール転職市場において給与アップが容易に可能なのです

私は自身の適正価値を知るためにも、ITエンジニアは一度転職市場に身を投じるべきだと思っています。

 

もしかしたらあなたの適正給料は、もっと高いかもしれませんよ!

管理人
ITエンジニアは最強!

このページではIT業界での転職で給与アップは可能なのか解説します。

 

IT業界での転職における給与アップはどのくらい期待できるのか?

結論から言うと、ITエンジニアは転職で給与アップを行うことは容易です。

職種や業種を選ばなければいくらでも給料が高い仕事があります。それだけ今のITエンジニアは需要があるのです。

 

大手転職サイトの調べによると、ITエンジニアの転職では平均で2割ほどの給与アップに成功しているようです。これは脅威の数字ですよ。2割の給与を上げるためには一体何年働く必要があるでしょうか?

しかし転職すればそれが一発で可能となるのです。

 

当然転職はそれなりに大変です。

新しい環境に慣れることも疲れます。

それでも給与がアップすると思えば頑張れますよね。

 

新卒から企業に入社して、いままで転職なんか考えたことがなかった人も、一度転職市場に身を投じてみるべきだと思います。ITエンジニアの需要の高さに驚くと思いますよ。

ITエンジニアはITスキルだけではなく、コミュニケーション能力やプロジェクトマネジメント能力など、求められる力は多岐にわたります。

ほかの職種とは比べ物にならないくらい高度な専門性を有しているんです。私はITエンジニアはもっと正統に評価されるべきだと考えています。

 

そして現在の労働市場の流動化傾向は、ITエンジニアの適正価値を映し出し始めています。モノは流通しないと適正な価値というのはわからないものです。

しかし近年の労働市場の流動化によって、労働者は流通するようになってきたのです。そのため他の職種に比べて高度な専門性を持っているITエンジニアの価値は際立っています。

 

ITエンジニア
転職してみようかな

くらいに思ってる人も、まったく転職なんて考えていない人も、一度は転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。(ちなみに転職サイトや転職エージェントは無料で利用できるところが多いです)

あなたの市場価値を知ることは今後のキャリアを考える上で必ず役に立つと思います。

IT業界のおすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

続きを見る

 

給与交渉をしない日本人

日本人は謙虚です。

これは紛れもない事実。それが日本の美徳でもあります。

 

そのため転職市場においても、あまり給与交渉はしないのが一般的です。

これは給与交渉を行うと、人事評価に悪影響があるのではないかという思い込みも影響していると思います。

 

もともと交渉というのは得意ではないんですよね。調和と強調を尊ぶ日本人ですから、遠慮してしまうんです。

もちろんITエンジニアの需要は高いので、交渉しなくても提示される年収は高い傾向にあります。しかしちょっとだけ希望額に届かないというようなときは交渉すべきです。

年収アップを狙っているITエンジニアであれば、どれくらい年収が上がれば転職を決めるのかという定量的な基準を持っているはずです。

転職活動を始める前に必要な準備についてはこちらから。

IT転職「虎の巻」~IT業界に転職する前に読んでほしい転職の心構え編~

Contents1 IT転職「虎の巻」~転職する前に読んでほしい転職の心構え編~1.1 転職の心構え①~転職の目的をはっきりさせる1.2 転職の心構え②~目的を達成したと言える基準を明確にする1.3 ...

続きを見る

その転職を決める基準に少し届かないというようなときは交渉してみてください。

IT転職の虎
だめならその会社には転職しないだけ

 

IT業界の評価は現場での働きが一番です。

そのため、転職交渉を担当している人事と給与交渉したくらいでその後の評価に影響なんてするはずがありません。

担当人事も本当にほしい人材の場合は、逆に給与交渉してもらったほうがやりやすいんですよ。

本当はもう少し上げられるのに、提示した年収が低いという理由で断られたくないですから。

 

私の会社の中途採用担当の人事に話しを聞いたことがありますが、「提示した年収が希望する年収に届かない場合は積極的に言ってほしい」と話していました。

希望年収があまりにもかけ離れている場合は別ですが、多少であれば交渉の余地はあります。

以前担当した中途採用希望者で、絶対にほしい人材がいたらしいのですが、提示した年収に対して何も言わなかったので、このまま進むと思っていたのですが、最終的に他社に取られたことがあったそうです。

そのとき転職エージェントからあとで聞いた話によると、「希望年収に届かなかったので他社に決めた」と言われたそうです。

人事からすると、その希望年収でも採用したかった人材だったので言ってほしかったそうです。

 

このようにこと転職市場においては、相手の希望が定量的にわかっているほうがやりやすいのです。

また特に転職市場においては、転職時のスタートラインが高ければ高いほど、その後の昇進に有利に働きます。

それだったら交渉してみたいと思いませんか?

IT転職の虎
給料は高いほうがいいぞ( ゚Д゚)

 

給与交渉のベストなタイミング

給与交渉をするタイミングは一次面接が最適と言われています。

その理由は面接を担当する人が、一次面接では人事部の課長クラスであることが多いからです。相手が人事部の場合は給与の条件面や労務環境の話をしやすいのです。

 

そしてそこで給与交渉を済ませておけば、後々の面接に進む=その条件で進んでいるということになりますから、無駄な労力をかける心配もないです。

通常は一次面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれます。そこで正直に自身の年次や経験を考慮して入社した場合、どの程度の給与水準が適用されるか聞いてみましょう。丁寧に聞けば、人事もそれなりに正直に答えてくれます。

 

そこでもう少し上がれば希望年収に達するというときは、徐々に希望を伝えていきましょう。これは不躾な質問ではなく、転職希望者の当然の権利です。

そこで折り合いが付かなかった場合は、そのまま提示年収で進むか、違う会社にするのかというだけです。人事は何とも思ってません。

 

あなたをほしいと人事が思えば、給与交渉も前向き乗ってくれるでしょう。

給与の希望を伝えるときは、現在の年収と希望の上昇率をパーセントで示すといいと思います。

ITエンジニア
私の年収はいま、800万円なのですが10%~20%程度のアップを希望しています。

といった感じですね。重要なのは幅を持たせることです。決め打ちで目標額を言ってしまうと人事もなかなか答えずらいのです。

 

まとめ

IT業界における転職時に給与アップは可能なのか?そしてどのように給与交渉をすべきなのかを解説しました。

日本人は給与交渉のようなことが苦手な傾向にあります。

 

これは日本人の美徳なのですが、こと転職時においては少しずうずうしくいきましょう。

「あなたの転職の目標はなんですか?」

それが給与アップならば、交渉しないことには意味がありません。

給与交渉を行うタイミングは一次面接の質問時がベストです。そこで自身の希望を丁寧に伝えてみましょう。あなたを採用したいと思っていれば、前向きに相談に乗ってくれるでしょう。

IT転職の虎
交渉なんて、コーディングより簡単だぞ( ゚Д゚)

<スポンサーリンク>

IT転職虎の穴トップへ戻る

「IT転職虎の穴」おすすめの転職エージェントサイト

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはおすすめNo.1

『レバテックキャリア』はIT・Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスです。 IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。

レバテックキャリア既存サービス「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にサービス展開を行なっています。IT・WEBエンジニアの案件に特化した専門型の転職エージェントなので、求人はすべてIT・WEB系です。

担当のキャリアコンサルタントたちはやはりIT業界の専門知識が総じて高いです。大手の総合型の転職エージェントの場合、一応専門と名乗ってはいますが、大抵嘘・偽りです(笑)。そのため総合型の大手エージェントですと担当者とのIT業界に関する知識がかみ合わず、ストレスを感じることが多いのですが、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントはまったくその心配はありません。業界用語や専門知識もそのまま通用しますよ!

その特徴は以下。

【1】転職先企業の情報の多さ 

   ⇒転職先企業にて働くエンジニアとの豊富なネットワークがあります。

【2】業界最大級の非公開案件数  

   ⇒既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。

【3】キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

   ⇒既存サービスのトップコンサルタントが当サービスを運営してます。無理な転職を勧めることはありません。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

流行のWEB技術者におすすめはGEEKLY

【業界特化型】

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス 大手を中心に非公開求人数はなんと2000以上!

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。 転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

IT業界の転職『マイナビエージェント×IT』

大手で安定した転職ならマイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

■マイナビエージェントの3つのメリット

【1】関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

【2】20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

【3】応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

おすすめ記事

1

Contents1 IT業界の転職サイト・転職エージェントまとめ~目的別にその特徴を比較!2 IT業界に特化した専門型の転職サイト・転職エージェント2.1 急成長のIT企業やWEB系・クリエイター系の ...

2

Contents1 IT業界で転職する際の転職エージェントの選び方1.1 大手総合型か?専門特化型か?1.2 大手か?中堅か?2 まとめ2.1 Related Posts IT業界で転職する際の転職エ ...

-転職の基礎知識
-,

Copyright© IT転職虎の穴 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.