婚活

管理人の婚活日記(ブログ⑫:研修講師さん29歳との出会いと面接

更新日:


<スポンサーリンク>

管理人の婚活日記(ブログ⑫:研修講師さん29歳との出会いと面接

楽天オーネットで婚活を始めたのでその記録⑫。

管理人が婚活をはじめようと思ったきっかけはこちら

年収1000万・32歳のサラリーマンが楽天オーネットに登録して婚活してみた感想と結果

<スポンサーリンク> 年収1000万・32歳のサラリーマンがオーネットに登録して婚活してみた感想と結果Content1 年収1000万・32歳のサラリーマンがオーネットに登録して婚活してみた感想と結果 ...

続きを見る

前回、婚活を仕切りなおして、再度検索から始めた管理人。そんな中出会ったのが東大卒29歳で研修講師をしているという研修講師さん。

写真からちょっと怪しいと思っていたが、その不安は的中することに。婚活のお見合い写真ってなんだろうなと考えさせられる出会いであった。今回はそんなお話。

 

研修講師さんとの出会い

研修講師さんは相手側から紹介書を通して申込があった。

年齢は29歳、身長165cm、ステータス的には完全に管理人の好みである。

顔は光が結構当たってる感じは否めないが、柔らかな感じの美人そうな雰囲気に見える。

しかもなんと学歴を見ると「東大卒」ではないか・・・

ちなみに管理人は慶応卒なので、今回の婚活では始めて自分より偏差値(あくまで学歴)が高い女性を相手にすることになった。管理人としては特に自分よりも頭がいいとダメなどはなく、ものすごく偏差値が低いとかでなければ全然OKである。

そして東大卒の女性がどのような感じなのか単純に興味があった。

 

職業は研修講師を派遣している会社に勤務していて、自身も研修講師を務めているようだった。さすがに東大卒である。

婚活を仕切りなおして1発目の会ってみたい女性だったので、管理人もボロを出さないように丁寧に掲示板でのやりとりを進めた。

 

掲示板でのやりとりは特に変わったことはなく、一般的な女性という感じであった。ただやはり本はよく読むらしく、カフェなどでよく読書をするのが趣味のようだ。この辺は東大卒っぽいという表現が正しいかわからないが、イメージ通りの印象であった。

どちらかというとインドアな趣味の多い女性、研修講師さんのイメージはそれだけである。

管理人もそれほどアウトドアな趣味があるわけではないので、どちらかというとインドア派の女性のほうが好みなのかもしれない。

研修講師さんとはこんな何気ない会話を1週間ほど続けていた。

 

研修講師さんと面接

掲示板でのやり取りを一通り終えて、特に問題なく進行したので、定番通りこちらから「会ってみませんか?」と誘ってみた。

すると少し悩んだ感じで「そうですね、会ってみましょうか」といった感じの返信が来ていた。

このような返事のときは、「あまり乗る気はしないが会ってみてもいい」というような印象を受ける。管理人としてはそこまで固執する理由はまったくないので、本当に乗る気がしないなら会わなくてもいいのだが、言い出した手前こちらが進めなければならないのが婚活である。

いま考えれば、「コイツ何様なんだ」とはっきりといえるが、まだ実際に会ったことがない時点では、そんな判断ができるわけもなく、たんたんと進めることにした。

 

もしこの記事を読んでいる人がいま婚活をしていて、自分も好意がある人に「会ってみたい」といわれたときは、「ぜひお会いしたいです!」というような積極的な姿勢の返事をすることをおすすめする。

へたな駆け引きなどでつれない態度などは完全に逆効果だ。特に婚活偏差値が高そうな男性の場合は、たくさんの女性からアプローチされていると考えるべきである。そんな中で「別に会ってあげてもいいけど」といったような感じで来られると、途端に「じゃあもういいや」と熱が冷めるのである。

男性だって求めるより求められたいというのが本音のところだ。管理人の知り合いで「好き好き」を前面に出されて、そのまま押し切られて結婚した人を数人知っているが、最終的にはそれが成功の要因であり、迫ってもらえてよかったと言っているので、婚活をするような男性を相手にするときは押しが重要といっても過言ではない。

その点、研修講師さんはどこか高飛車な印象を受けた。

若手の虎
これが東大卒か・・・

冗談だがそんなことを考えていた。

 

そして研修講師さんとの初面接の日を迎えた。実は「会ってみませんか?」と提案してから2週間ほどあとの日程を提案されたので、それだけですでにこちらはあまりやる気はなかったのだが、そこまでに管理人の婚活は残念ながら決まらなかったので、とりあえず行ってみる事にした。

待ち合わせは研修講師さんの指定で渋谷の駅前である。

待ち合わせ場所に行ってみるとすでに研修講師さんはその場所にいた。

そして管理人は一瞬でこう思う。

若手の虎
あっない(笑)

そう、もう見て一瞬でないと判断できたのだ。実際これまでの婚活で複数人あっているが、ここまでの写真詐欺は初めてだった。

見て一瞬で”ない”と判断したのはこのときが初めてだ。

 

正直、管理人は体調不良などを理由に対面する前に帰ろうかとも思ったが、さすがにそんなことはできなかった・・・

 

会ってすぐに”ない”と判断した後の面接は地獄

こうして地獄の面接が始まった。

なにが地獄って、次が絶対にないとわかっている相手との婚活面接ほど時間の無駄なものはないのである。

この辺の話は以下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてほしい。

婚活での初回面接で「ないな・・」(写真詐欺)と思った後の時間は地獄!

最近、楽天オーネットメインで婚活を始めた管理人。 そこで婚活における「写真詐欺」という問題にぶち当たりました・・・ 婚活における「写真詐欺問題」・・・これはほんとにゆゆしき問題ですよ。   ...

続きを見る

 

こういった状況に陥ったときに、特に女性に多いのはまったく興味を示さないで冷たい態度を取るという人である。ただこれは最低限、人間としてどうかと思うので、管理人はあくまで”あり”の女性と話すのと同じように振舞う。

これがいいか悪いかは別として、少なくとも悪い印象は持たないだろう。もちろんこれも自分が悪く思われないための自己保身といわれればそうかもしれないが、お互いに嫌な印象で終わるのはやっぱりよくないと思うのだ。

ただ”ない”ならないで態度で表してもらったほうが勘違いしないし、へんな期待も持たなくて済むので、わかりやすくていいという人もいるかもしれない。これが婚活の難しいところである。完全にいい人ではやっていけないのである。

”いい人”はバカを見るといったほうが正確かもしれない。

婚活はあくまで自己責任なので、本気で自分の都合だけ考えて活動するならば、同時に複数人と真剣交際をして、その中で相手を決めていくのが確実である。たださすがにそんなことをする人はいないという性善説が根底にあるので、婚活は成り立っているのかもしれない。

 

まあいずれにせよ写真詐欺だけはやめたほうがいいのは確かである。結局ばれるんだからお互いにとって時間の無駄である。特に女性は等身大の姿を映した写真がいいだろう。

会ったときに「写真よりも実際のほうが悪い」というようなマイナス(減点)方式よりも、確実に「写真より実際のほうがいい」という加点方式で進めたほうが成婚率が高いのは言うまでもない。

もちろん写真詐欺をしたほうが会えるまでいく可能性は高いと思うが、その後の成婚率を考えると確実に逆効果である。

 

ちなみに研修講師さんは、話も面白いわけではなく、笑顔がかわいいわけでもなく、会った時のマイナス100点から回復することなく面接は終わった(笑)

別れ際に研修講師さんから「またお会いしてください」といわれたので曖昧に「また機会があればお願いします」と答えた。なかなか直接会うと非常にはなれないものである。

 

□現在の交際中

・なし

 

(次に続く)

管理人の婚活日記(ブログ⑬:化粧品さん30歳との出会いと面接

<スポンサーリンク> 管理人の婚活日記(ブログ⑬:化粧品さん30歳との出会いと面接Content1 管理人の婚活日記(ブログ⑬:化粧品さん30歳との出会いと面接1.1 化粧品さんとの出会い1.2 化粧 ...

続きを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのシェアが記事を書く原動力です!


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

おすすめ記事

1

ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法Content1 ネットでお金を稼いで汚い中年どもから独立する方法1.1 サラリーマンはつらいよ2 ネットでお金を稼ぐ方法【初級編】2.1 お小遣いサイ ...

2

<スポンサーリンク> Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法Content1 Amazonでポチる前に知っておくべきお得な裏ワザ・購入方法2 【初級編】Amazonのお得な裏ワザ ...

-婚活
-

Copyright© IT虎の穴 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.